過去の川高日記
愛媛の歌 他リンク

2017年8月11日(金曜日)

高等学校家庭クラブ研究発表大会参加

カテゴリー: - kawakou1 @ 07時25分50秒

 8月9日、「第64回愛媛県高等学校家庭クラブ研究発表大会」が新居浜市市民会館で行われ、本校から3名の家庭クラブ委員が参加しました。

2017_08_09_katei1.JPG

 午前中は学校家庭クラブ活動発表やホームプロジェクト発表を聞きました。どの学校も学校や地域、家庭の問題点を改善しようと様々な実践をして、その成果をわかりやすくまとめており、すばらしい発表でした。
  午後からの生徒分科会の研修では、いずみっ子お手玉の会今村シメ子先生や新居浜商業高校生による「ヨーヨーお手玉で交流の輪を広げよう」が行われました。会場が一体になって楽しみながら、子供や高齢者との交流に役立つ内容を学ぶことができました。

2017_08_09_katei2.JPG

 

2017_08_09_katei3.JPG

 

 受付場所であるホワイエには、6月の東予支部研究協議会で作成した「我が校の特色ある家庭クラブ活動」のまとめが展示されていました。

2017_08_09_katei4.JPG

 大会後には、新居浜商業高校NC★SHOP部による新居浜商業高校プロデュース商品「白いもキャラもっち」などの販売も行われ、新居浜地区の家庭クラブの皆さんの温かいおもてなしが印象的でした。

2017_08_09_katei5.JPG


2017年8月7日(月曜日)

高校生による「食のおもてなし」コンテスト

カテゴリー: - kawakou1 @ 16時40分34秒

8月6日に、第10回書道パフォーマンス甲子園併催イベントである高校生による「食のおもてなし」コンテストが伊予三島体育館で行われ、家庭クラブが参加しました。

2017_08_06_1.JPG

 

市内の三島高校、土居高校とともに合同で出店し、「一柳こんにゃく店さんのこんにゃくスイーツ」と「書道パフォーマンス甲子園オリジナルサブレ」を販売しました。

2017_08_06_2.JPG

 

こんにゃくクッキーとこんにゃくベーグル

2017_08_06_3.JPG

 

書道パフォーマンス甲子園オリジナルサブレ

2017_08_06_4.JPG

 

以前市内交歓会で作った水引の梅結びをしこちゅ〜ゼリー、こんにゃくクッキー、こんにゃくベーグルに付け、全国各地から来てくださったお客様に紙のまち四国中央市をアピールすることと、このイベントを通して水引の意味である「人と人を結びつける」という思いを込めました。

「一柳こんにゃく店さんのこんにゃくスイーツ」、「書道パフォーマンス甲子園オリジナルサブレ」ともに審査員特別賞を受賞しました。

台風の影響で天候が心配されましたが、無事開催でき、多くの方々に買っていただくことができてよかったです。

また、地元の高校生が協力して行うことで、地域のイベントを楽しく盛り上げることができました。

2017_08_06_5.JPG

 

2017_08_06_6.JPG

 

審査員特別賞受賞

2017_08_07_7.JPG

 

9月26日に行われる文化祭に、家庭クラブでは、書道パフォーマンス甲子園オリジナルサブレを作った松山のお菓子屋であるパティスリーデコレさんと協力した商品を販売しようと計画しています。

今回の経験を文化祭でも生かしたいと思います。

ご期待ください。

 

また書道パフォーマンス甲子園では、本校から40名ほどの生徒がボランティアとして参加しました。

2017_08_06_8.JPG

受付の他に、選手誘導、墨ふき、審査員の補助等として活躍しました。


2017年7月24日(月曜日)

市内三高校家庭クラブ交歓会

カテゴリー: - kawakou1 @ 07時46分07秒

7月20日、三島高校において市内三高校家庭クラブ交歓会が行われ、本校から12名の生徒が参加しました。

三島高校の生徒から水引の梅結びを教えてもらい、制作しました。

初めてで難しかったですが、楽しく作ることができました。

三高校の家庭クラブが合同で8月6日に書道パフォーマンス甲子園併催イベントとして行われる「食のおもてなしコンテスト」に参加することになっており、今回作った水引を「しこちゅ〜ゼリー」などの商品に付けて販売することになっています。

8月6日(日)10時〜16時、伊予三島運動公園体育館で行いますので、ぜひ来てください。

水引作り

2017_07_20_katei1.JPG

 

2017_07_20_katei2.JPG

 

梅結び

2017_07_20_katei3.JPG


2017年7月4日(火曜日)

家庭クラブ「ココロン」訪問

カテゴリー: - kawakou1 @ 17時19分58秒

7月3日に、これまでに集まった古布を、地域活動支援センター「ココロン」に持って行きました。

回収された古布はウエス(機械類の油、汚れ、不純物などを拭き取ってきれいにするために用いる布)などに加工され、再利用されます。

訪問した時間帯はちょうど作業中で、使いやすい大きさに裁断する作業の様子を見学させていただくことができました。

20170703_21.JPG

 

20170703_22.JPG

ご協力してくださった皆さん、ありがとうございました。

被服室に回収かごを置いていますので、引き続きご協力をお願いします。


2017年6月14日(水曜日)

家庭クラブ東予支部研究協議会参加

カテゴリー: - kawakou1 @ 19時08分13秒

6月14日、新居浜商業高校で家庭クラブ東予支部研究協議会が行われ、本校から3名が参加しました。

研修会では、日本お手玉の会の方にお手玉を教えていただいた後、新居浜商業高校の生徒さんにヨーヨーお手玉を使ったダンスを教えていただき、えひめ国体のイメージソング「えがおは君のためにある」の曲に合わせて参加者全員で踊るなどして交流を深めました。

研究協議では、各校の家庭クラブ活動を報告し合い、模造紙にまとめました。

 

ヨーヨーお手玉は、やってみると難しかったですが、コツをつかむとだんだんできるようになり、交流も深まってとても楽しかったです。

各校で様々な活動をしていて、たくさん学ぶことがありました。

それらを参考にこれからの家庭クラブ活動にも積極的に取り組んでいきたいです。

 

丹原高校の家庭クラブ活動発表

2017_06_14_katei_1.jpg

 

ヨーヨーお手玉で交流

2017_06_14_katei_2.jpg

 

新居浜商業高校の皆さんから銅板とアルミ板の折り鶴をプレゼントしていただきました。

2017_06_14_katei_3.jpg


2017年5月30日(火曜日)

生徒総会・家庭クラブ総会

カテゴリー: - kawakou1 @ 16時42分03秒

生徒総会と家庭クラブ総会を実施しました。

生徒総会

海田会長挨拶

 2017_05_30_01.jpg

 貴重な機会なので、積極的に発表して、より良い生徒総会にしていきましょう。

 

中川校長挨拶

 2017_05_30_02.jpg

 ・生徒全員による生徒会活動の盛んな学校にしていこう。

 ・自分が生徒会・学校のためにできることを自主的に実践していこう。

 ・今年も校内の工事が予定されているが、協力をして、みんなでより良い学校作りをしていこう。

 

議長団選出

2017_05_30_03.jpg

 

議事

安岡議長・松本副議長により議事が進められました。

平成28年度生徒会会計・決算報告、平成29年度生徒会会計・予算案説明の後、3つのホームルームから提出された要望事項について、趣旨説明、意見発表、賛否集計が行われ、3つの要望事項とも生徒会の意見として学校に提出されることになりました。

2017_05_30_04_1.jpg

2017_05_30_05.jpg

 

2017_05_30_06.jpg

 

2017_05_30_07.jpg

 

2017_05_30_08.jpg

 

2017_05_30_10.jpg

 

2017_05_30_09.jpg

 

家庭クラブ総会

中川校長挨拶

・「創造、勤労、愛情、奉仕」という基本精神のもと、自分にできることを実践していこう。

平成28年度行事報告・決算報告、平成29年度行事計画・予算案の説明・承認の後、井上会長から家庭クラブの活動についてスライドを交えての説明が行われました。

2017_05_30_21.jpg

 

2017_05_30_22.jpg

 

2017_05_30_23.jpg

 

2017_05_30_24.jpg

家庭クラブでは今年度も、古布の回収・寄付、他校との交流、乳児保育所訪問、歳末助け合い募金の呼びかけ、講習会の実施、卒業生への水引コサージュの贈呈等、様々な活動を行う予定です。


2016年12月19日(月曜日)

人権集会

カテゴリー: - kawakou1 @ 13時45分04秒

全校生徒による人権集会を実施しました。

人権委員、放送部員が司会・進行を務めました。

20161219_00.jpg

 

オープニングは、県内の高校の美術部の共同制作による「サークル」を鑑賞しました。

マルから始まりマルで終わる各校の作品を連結したもので、「お互いにつながり合いましょう」というメッセージが込められています。

20161219_01.jpg

 

子安人権委員長が挨拶をしました。

・いろいろな人の意見や思いを聴くとともに、自分の意見や思いを伝えましょう。

・心の耳を傾け、しっかりと考える時間にしていきましょう。

20161219_02.jpg

 

人権委員の様々な活動について、菅副委員長が発表しました。

20161219_03.jpg

校内での行事の他に、市内三高校交流学習会としてのハンセン病に関する「親と子のシンポジウム」やその時に上映された映画「あん」について、また、識字学級(市内在住の外国人を対象とする日本語学級と文化交流)、人権の日学習会や障がい者運動会などでの障がい者の方々との対話や交流、川之江隣保間でのもちつき大会への野球部員の参加など、校外での活動への参加についても、写真を交えて説明されました。

 

6月に本校で一人芝居「明日へ」を上演していただいた宮内先生に放送部が取材して制作し、県高等学校文化祭で奨励賞を受賞したビデオメッセージ「明日へ」を鑑賞し、同和問題解決を目指す宮内先生の熱い思いに再び触れました。

20161219_04.jpg

・同和問題学習を通して教えていただいたことを、周りの人に伝えるのが自分の務めである。

・一人で何回でもいろいろな場所で上演できるので、一人芝居を行っている。

・中学校を定年退職する年に亡くなった盟友の藤原さんの思いも伝えたい。

 

休憩時間中には、本校の美術部員・人権委員が中心となって作成し、17日の「いじめSTOP愛顔(えがお)の子どもフォーラム」で配布したリーフレット「愛顔(えがお)のえひめ、愛顔の学校 いじめSTOP!ブック」が全校生徒に配布されました。(リーフレットについてはSHRの時間に放送部員が全校放送で伝えていました。)

再開後、美術部員の井原さんがリーフレット作成での思いについて、発表しました。

20161219_05.jpg

・いじめについて、高校生の本音を本音を伝えたいと思い、メンバーで座談会を行った。

・高校生の思いが伝わるように、あえて手書きの文字を多く用いた。

・自分なりの意見を持つきっかけにしてくれたらありがたい。

 

「いじめSTOP愛顔の子どもフォーラム」に美術部員らとともに参加した篠原会長が、フォーラムについて報告を行いました。

20161219_06.jpg

・800名近い小中高校生が参加した。

・大洲高校演劇部による人権劇は印象的だった。

・パネルディスカッションではいじめの防止や解決策について活発な意見交換がなされた。

 

フォーラムで上映された今治西高校放送部制作の番組を鑑賞しました。

20161219_07.jpg

・つぶやきアプリでのなりすまし被害によるネットいじめや、いじめにより中学時に不登校になったが高校で立ち直り、現在は保育士になっておられる方へのインタビューを題材とした番組で、示唆に富んだものでした。

 

また伯方高校の生徒が制作した、いじめのない社会への思いを込めて作成したいじめSTOPソング「愛顔のために」が紹介されました。

「愛顔のために」の歌詞は「愛顔(えがお)のえひめ、愛顔の学校 いじめSTOP!ブック」にも掲載されています。

 

フォーラムについての報告の後、同じくフォーラムに参加した鎌田さんの司会により、全校生徒で意見交換を行いました。

20161219_08.jpg

 

20161219_09.jpg

 

20161219_10.jpg

・いじめをどうしたらなくせるか、常に考え続けることが大事だと思った。

・今治西高校の番組に出演されていたAさんのように、自分もいじめに立ち向かえる強い心を持ちたい。

・小さな誤解で人間関係が壊れることがないよう、話し合いによりいじめにつながらないような行動ができるようにしたい。

・いじめられる体験をすれば、いじめをすることが無くなると思う。

・自分のアイデンティティを大切にできる人は、他の人のアイデンティティも大切にできる。

・いじめは絶対にいけないことなので、身近にあったら助けの手を差し伸べたい。

 

「いじめ」と「いじり、ふざけ」の境界線について

・本人しか判断することはできない。

・いじめは相手がいやな気持ちになることをしてしまうことである。

・誰かが傷つき、苦しむのがいじめである。

・見分けがつきにくいので、ふざけはできるだけやめたほうがいい。

・その人、その人で境界線は違うので、とにかく相手を思いやる気持ちを持つことが大切だ。

 

ネットいじめについて

・中学時代にいやな画像をTwitterに載せられた経験がある。

・ラインでは言葉でうまく自分の気持ちを伝えることが難しいので、大事なことは相手の顔を見て話すように心がけている。

・相手がどう受け取るかを考えてから送ることが大切である。

 

目の前でいじめが起きていたら

・いじめられている人の話を聴き、それを受け入れて共感したい。

・いじめている人の意識を変えるのも大切である。

・いじめている人が完全に悪いので、いじめている人に声をかける。

・いじめかどうか、周りの人が見てもわからないことが多い。加害者は自分がいじめを行っていることに気づいていないことが多いので、それがいじめだと気づかせなければならない。

・いろいろな人が世の中にはいて、いろいろな人に支えてもらって生活していることを忘れず、思いやりの気持ちをもって周りの人に接することが大切である。

 

・川之江高校がより人権の尊重される明るい学校になるように、社会に出てからもいけないことにはいけないと声をあげられるようにしていきましょう。

 

意見交換の後に、石村人権・同和教育課長からお話がありました。

・「いじめ防止対策推進法」ではいじめの定義がなされているが、「心身の苦痛を感じさせる」言動ということなので、判断・対応が難しい面はある。

・「いじめSTOP!ブック」に「笑っているけど心の中はつらかった」という言葉が載せられているが、相手の立場、気持ちを考えないと解決できない。

・他国とは逆に、日本では高学年になるほどいじめを仲裁する人が減り、傍観者が増える傾向があるとされているが、いじめSTOPについて真剣に考えてほしい。

・いじめられる側に非はなく、いじめる側が100%悪い。いじめてよい理由はない。

・人がいやがるのを喜ぶのはいじめである。人が喜ぶことを喜べる人になろう。

 

中川校長からも熱い思いが述べられました。

・いじめは卑怯な行為だ。

・善か悪かで判断し動けるようにしよう。正義は吾にあり。

 

 


2016年9月27日(火曜日)

文化祭実施

「それが青春なんじゃがや」

第51回川高文化祭を実施し、大勢の保護者の皆様にも参観していただきました。

日本文化部(琴) ルパン三世のテーマ

2016sf_a_01_1.jpg

 

(途中からはS教諭扮するルパン三世も登場し、熱唱を披露)

2016sf_a_01_2.jpg

 

放送部  オーディオ・ピクチャー作品・ドキュメント番組作品上映

「神の宿る紙」

2016sf_a_02_1.jpg

 

「ことば」と「こころ」

2016sf_a_02_2.jpg

 

書道部  書道パフォーマンス

2016sf_a_03_1.jpg

 

2016sf_a_03_2.jpg

 

幕間をつなぐ有志の漫才コンビ

2016sf_a_04_1.jpg

 

バトン部  ダンス

2016sf_a_05_1.jpg

 

2016sf_a_05_2.jpg

 

「川高の歌姫」井原さんによる「Sweet Memories」

2016sf_a_06_1.jpg

 

吹奏楽部  誰が出るかな?

2016sf_a_07_1.jpg

 

体育祭フォークダンス プレイバック

2016sf_a_07_2.jpg

 

「Perfect Human」

2016sf_a_07_3.jpg

 

2016sf_a_07_4.jpg

 

101HR  人狼

2016sf_b_11_1.jpg

 

2016sf_b_11_2.jpg

 

102HR・103HR  ストラック射的

2016sf_b_12_1.jpg

 

2016sf_b_13_1.jpg

 

2016sf_b_13_2.jpg

 

104HR  ハロウィン喫茶

2016sf_b_14_1.jpg

 

2016sf_b_14_2.jpg

 

105HR  友近サーキット

2016sf_b_15_1.jpg

 

2016sf_b_15_2.jpg

 

106HR  占いの館@106

2016sf_b_16_1.jpg

 

2016sf_b_16_2.jpg

 

107HR  輪投げと人探し

2016sf_b_17_1.jpg

 

2016sf_b_17_2.jpg

 

2年団  おばけやしき

2016sf_b_21_1.jpg

(今年も長蛇の列が)

 

美術部  川高美術展

2016sf_c_01_1.jpg

 

2016sf_c_01_2.jpg

 

書道部  作品展示

2016sf_c_02_1.jpg

 

2016sf_c_03_2.jpg

 

放送部  体育祭演技編・作品上映

2016sf_c_03_1.jpg

 

日本文化部(華道)  華

2016sf_c_04_1.jpg

 

2016sf_c_04_2.jpg

 

日本文化部(茶道)  お茶席

2016sf_c_05_1.jpg

 

2016sf_c_05_2.jpg

 

写真部  今年の空など

2016sf_c_06_1.jpg

 

2016sf_c_06_2.jpg

 

新聞部  2016 Memories 新聞部

2016sf_c_07_1.jpg

 

2016sf_c_07_2.jpg

 

科学部  科学に触れよう

2016sf_c_08_1.jpg

 

2016sf_c_08_2.jpg

 

文芸部  文芸誌さしあげます

2016sf_c_09_1.jpg

 

図書委員会  古本市

2016sf_c_10_1.jpg

 

2016sf_c_10_2.jpg

 

家庭クラブ  家庭クラブ活動・家庭科作品展

しこちゅーコーナー

2016sf_c_11_1.jpg

 

2016sf_c_11_2.jpg

 

保健委員会  私の健康法

2016sf_c_12_1.jpg

 

2016sf_c_12_2.jpg

 

人権委員会  人権クイズ他

2016sf_c_13_1.jpg

 

2016sf_c_13_2.jpg

 

野球部  スピードガンコンテスト

2016sf_c_14_1.jpg

 

演劇部  「つみきあそび」

2016sf_d_01_1.jpg

 

2016sf_d_01_2.jpg

 

有志バンド

2016sf_d_02_1.jpg

 

PTAバザー  カレー・ネギ焼きなど

2016sf_d_03_1.jpg

 

2016sf_d_03_2.jpg

 

2016sf_d_03_3.jpg

今年も大盛況でした。

協力していただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

 

昔屋  イベントメニュー

2016sf_d_04_1.jpg

 

2016sf_d_04_2.jpg

第2体育館の改築のため、食堂の営業は今月末で終了となります。


2016年7月15日(金曜日)

人権だより

カテゴリー: - kawakou1 @ 07時30分31秒

今年度第2号の「心を育てる日」(人権だより)を発行しました。

校内人権・同和教育講演会、それについての生徒の感想、「人間の輪」について保護者の皆様からいただいた感想等を掲載しています。

pdfファイル


2016年5月10日(火曜日)

自転車安全利用キャンペーン

カテゴリー: - kawakou1 @ 08時51分14秒

自転車月間における自転車安全利用キャンペーンとして、交通安全委員がサイクルマスター、地域交通安全推進委員、警察官の方々ととに、ヘルメット着用をはじめとする安全利用の呼びかけを行いました。

20160510_1.jpg

 

20160510_2.jpg


2015年12月17日(木曜日)

人権集会

「つながる、つたえる」をテーマに、人権集会を実施しました。

オープニングとして、丸い形で始まり、丸い形で終わるアニメーションをつないだ美術部の共同制作作品「サークル」を鑑賞しました。接点を持ち、つながりながら輪を広げることの大切さを視覚でアピールする作品でした。

2015_12_17_001.JPG

開会のことばの後、人権委員長の久保君が挨拶を述べ、放送部福田君の司会により集会が進められました。

人権委員の藤田さんが人権委員の活動を映像を交えて紹介しました。

次に真鍋さんが人権作文を朗読し、特に、正しい知識を得てそれを他の人にも伝えることの大切さを訴えました。

2015_12_17_002.JPG

その後、太平洋戦争で傷を負った傷痍軍人の村上さんへの取材をもとに放送部が制作したビデオメッセージを鑑賞し、意見交換を行いました。

2015_12_17_003.JPG

(生徒から出された意見の一部)

・自分の身近な人から戦争の体験を直接聞くことができる最後の世代として、戦争の悲惨さを学び、次の世代にも伝えていかなければいけない。

・戦争については授業で学ぶが、自分の頭で改めてじっくりと考え、さらに深めていきたい。

・今普通に生活できていることに感謝し、戦争を二度と起こさないようにしなければいけない。

2015_12_17_005.JPG

次に兵庫県教育委員会制作のビデオ「ほんとの空」を鑑賞し、意見交換をしました。多数の生徒が次々と自分の言葉で思いを発表しました。

(生徒から出された意見の一部)

・相手の人に、自分の思いを言葉にして伝えることの大切さを学んだ。

・相手のすべてを受け入れる勇気があれば、すべての人と仲良くやっていける。

・自分の周りや地域の一人一人の人を大切にしていきたい。

・「普通」というものはなく、一人一人違っているからこそ、社会はおもしろい。

・知らないことは人を傷つけることにつながりうる。人の言葉を鵜呑みにするのではなく、自分が正しいと思うものを取捨選択していきたい。

・何事にも疑問を持ち、本当に正しいことを自分で確認していくことが大切だ。

・無知から来る偏見により他人を傷つけてしまうことはしたくない。

・人それぞれの個性を大切にして生きていきたい。

・自分の思いこみや偏見に気づいたら、それを反省し、改めて、正しく生きていきたい。

2015_12_17_004.JPG

それぞれの生徒の発表の後は、全員で拍手し、熱い思いを共有し合いました。

 


2015年5月21日(木曜日)

人権・同和教育講演会

カテゴリー: - kawakou1 @ 18時53分48秒

長らく同和教育推進主任として人権・同和教育に携わってこられた新居浜南高校の石田先生にご来校いただき、「差別や偏見を解消するために〜いま、私たちにできること〜」という演題で、人権・同和教育講演会を実施しました。PTA人権・同和教育推進委員や市人対協の方々にも参加いただきました。

20150521_2_01.jpg  20150521_2_02.jpg

 

固定観念・偏見・差別のメカニズムとそれから脱却することの大切さ、差別的言動に直面した時の黒柳徹子さんの対応、人権意識を高め合うために行動している若者グループ、「逆窓割れ理論」を実践する清掃・美化活動、東日本大震災を乗り越える「負けないで」のメッセージ、被災地の高校生との交流と俳句集の衝撃、西条高校生による「笑顔をつなげる大作戦」、マザーテレサの言葉、「時代」のメッセージ等々、クイズや映像、音楽をまじえながら、心に残る話をしていただきました。

20150521_2_03.jpg  20150521_2_04.jpg

 

「心の中で思っているだけでは伝わらない。」

「言葉や行動で表現することで、思いを伝えることができる。」

「小さな行動でも、それが多く集まれば大きな力となる。」

「小さなことでも、自分にできることをしていこう。」

 

20150521_2_05.jpg

講演後は、人権委員会委員長の久保君が生徒を代表してお礼の言葉を述べました。

 

 

講演会終了後、生徒は教室で講演を聴いての感想文を作成しました。3年生の人権委員は石田先生を囲んで座談会を行い、講演を聴いての感想や、自分の経験の中で考えたことなどを自分の言葉で直接石田先生にお伝えし、石田先生からはさらにお話を伺うことができました。

20150521_2_06.jpg  20150521_2_07.jpg


2014年3月1日(土曜日)

第65回 卒業証書授与式

20140301graduation_01.jpg

3月1日。3年生の晴れの門出、卒業証書授与式が行われました。

20140301graduation_02.jpg

卒業生入場〜国歌斉唱

20140301graduation_03.jpg

卒業証書授与
男子145名 女子117名 計262名
代表:石川 千紗

20140301graduation_04.jpg

賞状授与
【 当 日 表 彰 】
橘賞・・・藤田 駿介
校長賞・・・
山川 玲菜、佐藤三佳子、石川 千紗、藤井香菜子、脇  聡子、
岡本 悠里、藤田 大樹、猪川 瑛梨、西村 哲哉
(代表:岡本 悠里)
皆勤賞・・・
寺尾 純希、北條 詠士、松本 祥吾、大西 奈緒、守谷菜夜子、
大西 達己、藤本 樹雄、細川 怜生、石村 彩加、曽我部青空、
宮内 玲実、尾崎 空澄、長野 右記、石川 千紗、塩田 彩奈、
星川 沙紀、三好 恭羽、大河内良也、川上 卓也、酒井 禄也、
中野聡一郎、松岡  優、森實 健太、井川 奈美、石村 朱里、
高津 優理、篠原 彩希、西野 桃花、三宅香菜子、脇  聡子、
脇  彩果、大西 純平、後藤 大昌、篠原  匠、部矢 夏生、
大西智香子、岡本 悠里、河渕 瑞香、信藤明日香、三宅 優貴、
三宅 芳佳、三好 優貴、梅田 竜樹、大西 勝也、坂上 将馬、
藤川  凌、藤田 大樹、伊藤 彩華、豊田 千波、尾藤さつき、
大西 悠貴、信藤 大和、三宅  慧、奥  瑞稀、薦田 佳奈、
鈴木 咲絵、鈴木ふうか、鈴木和佳奈、谷 美祐生、石川 和典、
仙波 和将、寺尾  翔、石川 愛佳、大西  菫、白川 綾菜、
安永 夏希
(代表:奥  瑞稀)
功労賞・・・
岡山  平、西原 悠矢、大西 達己、高原  丈、大西 純平、
毛利周一郎、大西 悠貴、尾崎 一誠、久保 克斗、仙波 和将、
石川  卓、細川 和朗、佐藤  慶、横内 哲也、大西  諒、
鈴木 悠介、仁尾 彪我、村上 将太、宮内 珠紀、松本 祥吾、
井原 駿平、石川 善之、梅田 竜樹、坂上 将馬
(体育局代表:梅田 竜樹)
宮内 玲実、彦坂  侑、福田 雅典、内田 夏希、信藤明日香、
大倉 優奈、篠永  桜、青木 春香、石川 萌絵、浮田 夏奈、
岡本 悠里、河渕 瑞香、三好 優貴、喜井 有紗、高橋  蕗、
山川 玲菜、喜多 唯夏、品川 佳穂、福田万里子、片岡 梨佳、
脇  聡子、脇  彩果、大西 愛美、早川 真由、石川 愛佳、
寒川 奈々、曽我部青空、真鍋今日子、伊藤 美憂、川上 卓也
(文化局代表:内田 夏希)
生徒会活動:石川 善之
【 前 日 表 彰 】
全国高等学校家庭クラブ連盟賞・・・
前田  翔
愛媛県高等学校野球連盟優秀選手賞・・・岡山  平
愛媛県高等学校体育連盟体育功労賞・・・
石川 達也、細川 怜生、北條 太雅、部矢 夏生、土肥 康佑、
石田 純也、佐藤  慶、石川 七海、三好 恭羽、越智 裕也、
鎌倉 成珠、菊池 郁哉、後藤 大昌、阿部  誠、大西 勝也、
杉浦 慶樹、星川 沙紀、高橋 亜実、三宅香菜子、渡部  結、
大西  望、森川 恭佑、高橋 宏彰、大西智香子、溝渕 智士、
西島 康平、豊田 千波、村上 将太、宮内 珠紀、石村 美弥、
梅田 竜樹、石川 絵里、鈴木 唯斗、酒井 禄也、平岡 知也
(代表:村上 将太)
愛媛県高等学校文化連盟文化功労賞・・・
内田 夏希、石川 愛佳、村上 紗貴、浮田 夏奈、佐藤三佳子、
曽我部青空、篠原 諒子、安永 夏希、川上 卓也
(代表:石川 愛佳)
【 卒 業 記 念 品 】
卒業生から学校へ(テント4張)・・・代表:脇  聡子
在校生から卒業生へ(印鑑)・・・代表:柴垣 太貴、佐藤三佳子

20140301graduation_05.jpg

校長式辞

20140301graduation_06.jpg

愛媛県知事及び来賓祝辞、来賓紹介、祝電・祝詞披露

20140301graduation_07.jpg

在校生代表送辞
代表:柴垣 太貴

20140301graduation_08.jpg

卒業生代表答辞
代表:大倉 優奈

20140301graduation_09.jpg

「蛍の光」「仰げば尊し」「校歌」斉唱〜卒業生退場

20140301graduation_10.jpg

卒業生の胸に輝く水引コサージュは、家庭クラブの皆さんが作ってくれました。

20140301graduation_11.jpg

式典終了後、各教室で最後のホームルーム活動が行われました。

 

3年生の皆さん、卒業おめでとう!

これからの人生にも、幸多からんことを!!

 

20140301graduation_12.jpg

p.s.
卒業式後、保護者席の当たりにピアスの落し物があったようです。
お心当たりの方は、またご来校ください。


2014年2月20日(木曜日)

全校朝礼:人権委員会から

カテゴリー: - kawakou1 @ 15時06分59秒

寒い朝ですが、毎週木曜日は全校朝礼。

20140220chorei.jpg

今日は、人権委員会の活動報告がありました。


2014年2月11日(火曜日)

人権啓発ティシュ配布活動

カテゴリー: - kawakou1 @ 19時02分07秒

毎月11日は「人権の日」。

今日は四国中央市の街頭で、人権委員会を中心にティッシュ配布活動が行われました。

20140211tissue_01.jpg

こちら、ユニクロ前。

20140211tissue_02.jpg

こちらはハローズ前。

20140211tissue_03.jpg

コスモスTVも、活動の様子を取材に来てくれていたようです。こちらはそのカメラに向かって。


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

日記カテゴリ