カテゴリ:学校生活

3学期始業式

1月8日(金)、始業式等を行い、3学期がスタートしました。

始業式は校内放送で実施しました。

大西校長による式辞の後、校歌を静聴しました。

(式辞の一部)

・県内においても新型コロナウイルスの感染拡大が深刻になってきている中、危機意識をいっそう高めてほしい。

・大学入学共通テスト受験や進学希望達成に向けて頑張っている3年生を真剣に応援してほしい。

・2学期までの状況とは違って、少しの油断もできない状況であるということを認識し、もしかしたら自分がウイルスを持っているかもしれないという意識で、それぞれが感染防止対策を万全に徹底して行ってほしい。

・2021年の始まりにあたり、今まで伝えてきたことを改めて伝えたい。

・こういう時だからこそ、何かにいらだったり、誰かを責めたりするのではなく、高校生として対応力と逆境にも屈しない力(resilience)を鍛えてほしい。

・正しくない情報に振り回されたり、他者を攻撃するというネガティブな思考ではなく、時には自分自身にも批判の目を向ける謙虚さを持って考えを発展させていくことができるような、正しい批判的思考力を高めてほしい

・「自分の頭でしっかりと考えて判断し行動する。」

・「何事にも本気で取り組む。」

 

 校長式辞(全文) → こちら

 

愛媛大学出張講義

12月23日(水)、愛媛大学の先生方にお越しいただき、出張講義を実施していただきました。

法文学部、教育学部、社会共創学部、医学部、工学部、農学部の7名の先生方が、それぞれ興味深い内容の講義を実施してくださり、2年生の進学希望者が受講して、大学での学びの一端に触れることができました。

家庭科技術検定

11月~1月にかけて、家庭科技術検定(被服、食物、保育)を実施しています。

12月16日に被服検定4級、12月17日に食物検定4級、12月18日に食物検定3級を実施しました。

受検者は練習の成果を発揮することができました。

被服検定4級

 

食物検定3級

 

終業式

12月18日(金)、終業式を実施しました。

今回は1年生と2年生が体育館に集合し、3年生は各教室でZOOMにより視聴するという形で実施しました。

大西校長による式辞

(式辞の一部)

・新型コロナウイルスに関しては、さらに気を引き締めて、これまで以上に感染防止に努めて欲しい。

・2学期の自分の取り組みを自己評価

・川之江高校全体としての良い点、強み

  卒業生、PTA、地域の人々、教員など多くのサポーターに恵まれている。

  通学時の交通マナー、5分前登校に関しては、県下一である。

  体育祭や文化祭での雰囲気やパワー、仲間意識に関しても、二重丸である。

・川之江高校生全体としての課題

  主体性、自主性が少し不十分である。

  まだまだ本気を出せていない。

  掃除、挨拶、身だしなみ等、概ね良好だが、一部の人はもう少し心を込めてしっかりとできるはずである。

  ポテンシャルは高いので、もっと本気になれば、もっと成果を出せる。

・3年生は1月の大学入学共通テストやその後の国公立大学の個別試験等に向けてラストスパートの時期であるが、進路が決まっている人も、同期の学友を心から応援して欲しい。

・1,2年生は希望進路を実現するために、スタートが早ければ早いほどよい。

・これから川之江高校に入学してくる後輩の目標にもなれるよう、一人一人の川高生が、さらに本気を出して毎日の生活に取り組んで欲しい。

 

校長式辞は こちら

 

2学期最後の授業風景

16日4限目、2学期最後の授業が行われた2年生のある教室の風景です。

数学の教科担当の教員が、ドミノ倒しの映像を見せ、ドミノ倒しの原理と数学的帰納法の照明の仕方が同じであることを生徒に考えさせる授業をしていました。

生徒たちは、真剣に問題に取り組んでいました。

※川高チャンネル⑧ 「川之江先輩塾」地域協働学習②をアップしました。こちら

 

人権集会

12月17日(木)、「多文化共生について考える」をテーマに人権集会を実施しました。

1年生が体育館に入り、2・3年生は各教室でZOOM配信視聴により参加しました。

最初に人権作文2点の朗読を聴いた後、人権委員会の今年度の活動報告が人権委員により行われました。

次に「多文化共生について考える」のテーマについての発表が行われました。

 ・全校生徒へのアンケート結果

 ・日本での外国人差別の事象

 ・「Black Lives Matter(アメリカでの黒人差別への抗議運動)」

 ・川之江隣保館での市内在住の外国人への聞き取り調査、交流

 ・四国中央市地域振興課での聞き取り調査

   市内在住の外国人の人数・出身国・滞在目的

   外国人のための取り組み(外国人向けのゴミの分別表、防災カード、防災訓練)

   SIFAによる日本語教室のボランティア

最後に「エヒメで暮らす外国人のホントのキモチ」というビデオを視聴しました。

 (言葉ではっきり意思表示をして欲しい、思い込みや先入観を持たないで欲しい、等々)

人権集会の後、感想文を作成しました。

一人ひとりがお互いを認め合い、お互いの文化や風習の違いを理解し受け入れて、共に生きていく社会を作る担い手になっていきましょう。

 

3年生クラスマッチ

12月16日(水)、3年生のクラスマッチを実施しました。

厳寒の中での最後のクラスマッチでしたが、元気あふれるパフォーマンスが数多く見られました。

男子バスケットボール

 1位:302HR  2位:304HR  3位:301HR

女子サッカー

 1位:305HR  2位:302HR  3位:304HR

 

防火防災退避訓練

12月15日(火)、防火防災退避訓練を実施しました。

HR担任から訓練の目的や方法、留意事項について説明があった後、緊急地震速報があった場合の対応の練習をしました。

「まず低く、頭を守り、動かない」

 

その後火災が発生したとの想定で、火災への対応、全校生徒のグラウンドへの避難の練習を行いました。

真剣な態度で速やかに避難を完了することができました。

大西校長による講評では、約10年前の東日本大震災の際の「釜石の奇跡」のエピソードを元に、防災訓練の大切さについてお話がありました。

続いて四国中央市消防団の方から消火器の使用について説明をいただいた後、各学年の代表生徒3名が消火訓練を行いました。

四国中央市消防団の方からは、消防団の活動の内容や意義についての説明もしていただきました。

2年生クラスマッチ

12月15日(火)、2年生のクラスマッチを実施しました。

男子バスケットボール

 1位:204HR  2位:203HR  3位:202HR

女子

 1位:204HR  2位:202HR  3位:203HR

204HRは男女ともに優勝という快挙を達成しました。

「いっしょに読もう!新聞コンクール」で奨励賞受賞

日本新聞協会による第11回「いっしょに読もう!新聞コンクール」において、本校は学校奨励賞を受賞しました。

また本校の石村さん、大廣さん、曽我部さんが奨励賞を受賞しました。

12月15日付け愛媛新聞第3面に記事が掲載されていますので御覧ください。

転載許可番号:d20201215-02

全校朝礼、読書のすすめHR活動

12月10日(木)、全校朝礼を実施しました。いつものように開始5分前にはほぼ整列が完了していました。

最初に新生徒会役員の認証式が行われました。新旧の生徒会役員が壇上に上がり、新生徒会長の井原さんが代表して、大西校長から委任状を受け取りました。その後、旧役員を代表して森實前生徒会長が退任の挨拶を述べ、新役員を代表して井原新生徒会長が就任の挨拶を述べました。

新生徒会役員

 

旧生徒会役員

 

委任状授与

 

新生徒会長挨拶

 

引き続き校内読書感想文コンクールの受賞者が紹介され、特選の三名(1年星野さん、2年髙橋さん、二宮さん)が代表して大西校長から賞状を受け取りました。

1年生

特選 星野

入選 井川、友安、尾藤

佳作 金平、篠原、宇田

2年生

特選 髙橋、二宮

入選 江間、藤田

佳作 内田、喜井、藤田、石川、脇

3年生(自由応募)

 入選 谷

 

今日の7時間目のホームルーム活動は全クラスとも「読書のすすめ」という主題で行われました。

特選に選ばれた三名の作品の朗読を校内放送で聴いた後、各クラスの図書委員二名によるブックトーク(本の紹介)などが行われました。

 

1年クラスマッチ

12月9日(水)、1年生のクラスマッチを実施しました。

1学期に引き続き、今年度は学校全体でのクラスマッチの代わりに、学年別でクラスマッチを分散実施しています。

3時間の授業の後に、男子はバスケットボール、女子はサッカーを行いました。

予選リーグとして各クラスが2試合ずつ行った後、その結果を基に、1位~4位を決めるための順位決定戦を行いました。

男子 1位101HR 2位103HR 3位105HR

女子 1位104HR 2位103HR 3位102HR

 決勝戦の様子です。

主権者教育ホームルーム活動を実施しました(1学年)

 

3日、1年生のホームルーム活動で主権者教育を実施しました。

総務省・文部科学省「私たちが拓く日本の未来」をテキストに学習したり、グループで学習したり、クラス間でウエブ会議システムを活用して学習したりしました。

課題を発見して、主体的に学習し、自分の意見を発表する態度を身に付けてくださいね。

プロから学ぼう~フォンダンショコラ作り~

12月3日、フードデザインの授業において、河原パティシエ・医療・観光専門学校より講師の先生をお招きし、フォンダンショコラ作りを学びました。

本校出身で同校に在学中の松本健吾さんが助手として母校に帰ってきてくれました。

松本さんも高校生の時に同じようにロールケーキ作りを学んだので、懐かしみ、後輩に指導してくださいました。

実演でプロの技を見たり指導を受けながら、楽しく作ることができました。

↓ 左端が松本先輩です。

 

見事完成!

 

高校生まちおこしプロジェクト料理講習会~里芋モンブラン作り~

12月1日、河原パティシエ・医療・観光専門学校より講師の先生をお招きし、家庭クラブ委員、生徒会役員を対象に、地元の特産物を使ったスイーツ作りをテーマにした料理講習会を行い、里芋モンブラン作りました。

栗の他に、四国中央市の特産物である里芋やブラッドオレンジのマーマレードを使いました。里芋を使うことで、カロリーが抑えられ、食物繊維もたくさん取れるので、ヘルシーなスイーツになりました。

なお、本校の調理実習は試食テーブルに仕切りを設けたり、使用するカトラリー等は殺菌を行うなど、感染症対策を行いながら実施しています。

お菓子に里芋を加えるということは初めての体験だったので、新鮮でした。地元の特産物である里芋を加えることで、いつものモンブランとは違った味になって、食べるのが楽しかったです。

 

紙のまち資料館を訪ね紙の歴史を学習しました

1日、今週末東予地方局で開催される令和2年度東予みらい人材育成事業「高校生×大学学生コラボ企画 歴史文化資源を活かしたまちづくりカレッジ」に参加する2年生2名が、四国中央市の紙の歴史を事前に学ぼうと紙のまち資料館を訪ねました。木村館長さんから紙の歴史を教えていただき、館内の展示資料を案内していただきました。また、紙漉き体験もさせていただきました。新しい発見、気付きをこれからの学習に生かしていきます。ありがとうございました。

高校生まちおこしプロジェクト 四国中央市の施設訪問企画として、後日、「川高チャンネル」でも動画を発信する予定です。

ICT教育実践サポート事業職員研修会を開催しました

27日(金)、30日(月)の2日間にわたって株式会社愛媛CATVから講師をお招きし、全職員を対象にした「令和2年度愛媛県高等学校・中等教育学校ICT教育実践サポート事業」職員研修会を開催しました。

本校においても新型コロナウィルス感染症の感染拡大への対応で、1学期からWEB会議システムのZOOMや学習支援アプリのロイロノート等を導入して活用しているところですが、さらなるスキルアップを目指して研修が行われました。

 

 

いのちの講座

11月17日(火)、2年生対象の「いのちの講座」を実施しました。

愛媛県赤十字血液センター顧問の松坂先生にお越しいただき、「命を大切に」というテーマで、心に残る話をしていただきました。

(講座の内容の一部)

・愛の反対は「無関心」と言われるが、それは人や物事を知ろうとしない態度、または真実を知らないことである。

・何事にも「興味・関心・好奇心」を

・最も重要な関心は、人権への関心である。

・普通に人を尊重し、思いやりを持ち、人の痛みを想像できること、自分と他人の命を大切に思うこと

・コロナウイルスに振り回されないためには、正しい関心を持ち、思いやりのある社会に

・自分に対しては、気づく力、聴く力、自分を支える力を持ち、他人に対しては、不安をあおらず、正しい情報を広める

・青少年赤十字の目標「気づき、考え、実行する」

・食道癌手術の第一人者の一人秋山洋先生の言葉

 「自分がしてもらいたいことをして、してもらいたくないことを患者さんにしてはいけない。これは医療だけでなく、世の中すべてに言えることである。」

・相手を尊重する心のこもったコミュニケーションにより、説明し、納得・同意を得る。

・「face to face」により「heart to heart」へ

・アフガニスタンで医療、用水路開発、灌漑、砂漠緑地化に献身された中村哲先生の業績

・「一隅を照らす(最澄)」=自分が今いる場所で最善を尽くし、まわりの世界をより良くする

・本当に大切なことを見極め、一生懸命実行する

・「現実」に屈してしまうのではなく、「理想」に向かって進み続ける

・疑問と関心を持って深く考え悩み、簡単にあきらめない

・世界を変えていくという意識を持ち、いろいろな分野で学び続ける

・白血病と闘う友寄蓮さんからのメッセージ

 

「税についての作文」(高校生の部)で本校生4名が表彰

11日、「税についての作文」(高校生の部)で本校生4名が表彰されました。

伊予三島税務署長さんから表彰状と記念品を手渡されました。

4人は、夏季休業中を利用して、税についての作文に取り組み、今回の表彰に至りました。

4名の作品は、11日~17日までの税を考える週間に、フジグラン川之江店に展示されています。

<受賞者>

高松国税局局長賞(四国で5名)石川さん

租税教育推進協議会会長賞 髙橋さん、加地さん、篠原さん

 

 

先輩からの素敵なプレゼント

9日、江南ラミネート株式会社 代表取締役 石川 克晴 さん【本校平成3年(42回)卒業】から図書の寄贈がありました。

石川さんは、ご自身の経験から、「読書の大切さを母校の後輩たちに伝えたい。生徒の皆さんに読書の習慣を身に付けてほしい」との思いでと本の寄贈をしていただきました。

寄贈していただいた本は、喜多川泰さんの3冊『手紙屋』『手紙屋 蛍雪編』『書斎の鍵』で、朝読書でも生徒が手に取りやすいように全学年全クラスにそれぞれ3冊を2セット、図書館にも2セット寄贈していただきました。

そして、いただいた全ての本に、作者の喜多川 泰さんの直筆サインが入っています。

「子どもたちが輝くと、地域が輝く」石川さんの思いを大切にして、各教室でこの本をてにとって読んでくださいね。

 

期日前投票

11月9日(月)、四国中央市議会議員選挙の期日前投票所が、本校の創立百周年記念館内に設けられ、誕生日が平成14年11月10日以前の3年生と市内在住の教職員の一部が参政権を行使しました。

人権・同和教育講演会

11月5日(木)、校内人権・同和教育講演会を実施しました。

長年に渡り差別解消のために取り組んでこられた江口徹子先生に来校いただき、「命、愛、人権を考える」という主題でお話しいただきました。

大坂なおみ選手による人種差別への抗議行動、御両親による他者のための行動、御自身の結婚当時の厳しかった部落差別の現実、信念を貫いての結婚と差別解消への取り組み、身近な人々との仲間作り・交流、御家族の優しさと誇りを持った生き方、歌人の山上次郎先生から送られた短歌、差別解消のために「命尽きるまで人権のことを語って生きていく」覚悟、等々について、優しい口調で語っていただきました。

講演終了後、生徒を代表して菅原君が、「日々の生活の中でも意識をしながら、差別をなくすために行動していきます。」等と御礼の言葉を述べました。

 

全校朝礼

11月5日(木)、全校朝礼が行われました。

まず、11月13日~15日の間に実施される愛媛県高等学校総合文化祭に出場する文化部58名の壮行会を実施しました。

書道部、放送部、演劇部、写真部、美術部、日本文化部、吹奏楽部、バトン部、囲碁・将棋部の紹介の後、大西校長、井原生徒会長が激励の言葉を述べました。校歌斉聴の後、演劇部の筱原さんが謝辞と大会へ臨む決意を述べました。

 

続いて教育実習生の紹介・挨拶が行われました。京都大学教育学部4年生の石村さんが本日から3週間、母校で実習を行います。

 

全校朝礼(表彰伝達)

10月29日(木)に全校朝礼を実施し、表彰伝達が行われました。

多数の部・個人が表彰を受けました。

県高等学校陸上競技選手権大会

 男子棒高跳 3位 飯田

 男子三段跳 3位 細川

 女子走高跳 3位 内田

 女子棒高跳 1位 土井

県高等学校新人陸上競技選手権大会

 男子三段跳 3位 細川

 女子走高跳 3位 内田

 女子棒高跳 1位 土井

四国高等学校新人陸上競技選手権大会

 女子棒高跳 1位 土井

 

全国高校書道展(四国大学主催)

 特選 筱原、篠原、大野、立川

 

英検2級合格

 石川、神田、宇田、土肥、友安(代表)

 

数研2級合格

 松本

 

県高等学校テニス東予地区新人大会

 女子シングル 3位 吉川

 

県高等学校新人水泳大会

 女子50m自由形 1位 玉井

 女子100m自由形 1位 玉井

 男子400m 3位 藤原

 

県高等学校空手新人大会

 男子団体組手 1位

 男子団体形 1位

 男子個人組手 1位 日野  2位 渡邉

 

県高等学校東予地区女子ソフトボール新人大会

 3位 (新居浜東高校との合同チーム)

 

「川之江先輩塾」地域協働学習実施

10月27日(火)、第1学年の「総合的な探究の時間」での地域協働学習の2回目として、地域で活躍されている方々を講師にお迎えし、地域のことをより深く学び、地域の課題を発見する学習を行いました。

「地元のいりこを知ろう、学ぼう、感じよう」

(大倉商店大倉様)

 

「新宮銘茶の効能と健康」

(脇製茶場脇様)

 

「四国中央市の林業、ドローン・シミュレーターで林業体験」

(県農林水研究所小川様、県森林林業班井出様、宇摩森林組合苅田様、市役所農林水産課妻鳥様、他の皆様)

 

「伝統技術水引体験」

(マルショウ株式会社篠原様)

 

「パッケージの役割と製造方法」

(福助工業株式会社福井様、寺尾様)

 

「リンテックのスゴ技」

(リンテック株式会社酒井様)

 

「快適な暮らしの実現に様々な場所で活躍する不織布の紹介」

(シンワ株式会社永峰様)

 

「世界に広がる特殊紙マーケット」

(三木特種製紙株式会社三木様)

 

「紙の未来セルロースナノファイバー」

(大王製紙株式会社大川様)

 

認知症サポーター養成講座

10月15日(木)に、3年生が認知症サポーター養成講座を受講し、サポーターの一員となりました。

四国中央市高齢介護課地域包括支援センターから5名の方々にお越しいただき、認知症患者の割合、認知症の症状と予防、認知症の人への対応等について分かりやすく説明していただいた後、スライドによる紙芝居と寸劇をミックスしたパフォーマンスを見せていただきました。

その後認知症の人への対応の3つの心得として、「驚かせない」、「急がせない」、「自尊心を傷つけない」ということを教えていただきました。

また若年性アルツハイマー病に苦しみながらも家庭・社会の中で立派に生活されている方からのビデオメッセージを視聴させていただきました。

最後に四国中央市の「みんなで探そや!ネットワーク」を紹介していただきました。

終了後3年生を代表して濵田君が御礼の言葉を述べました。

生徒会役員選挙

10月13日(火)に生徒会役員選挙を実施しました。

生徒会長立候補者の立ち会い演説会が行われた体育館には3年生のみが入り、1・2年生は各教室でZOOMを使って視聴しました。

立ち会い演説会では大西校長、森實生徒会長の挨拶の後、生徒会長に立候補した2名の生徒とそれぞれの応援生徒による、熱のこもった演説が行われました。

終了後、1・2年生は教室で投票を行い、3年生は主権者教育の一環として、選挙管理委員会からお借りしてきた記載台、投票箱を使って投票を行いました。

11月には四国中央市議会選挙が行われ、校内でも期日前投票が行われる予定になっています。

人権・同和教育ホームルーム活動

1日、全学年、人権・同和教育ホームルーム活動を実施しました。

1年生は、「人権の尊重」をテーマに、各クラス工夫を凝らして、人権とは何かを問い直し、差別を自分自身の問題として考える学習をしました。

2年生は、「人権獲得の歴史」を学ぶ第2回目として、「解放令」以後の人権獲得の歴史を学び、「水平社宣言」の持つ崇高な精神に触れ、宣言に込められた崇高な精神に触れ、宣言に込められた思いについて学習しました。

3年生は、「幸福な結婚のために」をテーマに、「結婚差別」の現実を学び、差別解消に向けての学習をしました。

生徒たちは、これまでの学びを振り返りながら、話し合いやワークシートを使った学習に真剣に取り組んでいました。

生徒の皆さん、今日の学習を家庭でも話題にしてくださいね。

まち歩き ~ 商店街の魅力発見 ~

18日、2年生の美術選択生徒が川之江商店街を出かけ、まちにある素敵なデザインを見つける学習をしました。

今年度、本校でも導入した学習支援アプリ「ロイロノート」を活用しながら、まち歩きをし、建物や看板など素敵なデザインを探しながら商店街を歩きました。

お店に入って、取材をしたグループもありました。

生徒たちは、改めて「まちの魅力」を発見するとともに、地域の課題についても考えることができたようでした。

 

 

教育実習を終えて

29日、教育実習が終わりました。

9月7日から2週間又は3週間の教育実習を4名の本校を卒業した先輩たちが行いました。

懐かしい母校で、後輩たちを前に、それぞれの期間、全力で教育実習を行いました。

今年は新型コロナウィルス感染症の影響で、2学期の実施となり、また2週間前に帰県して体調管理をした後、教育実習に臨みました。

教育実習生からのメッセージです。

 9月7日から3週間、体育祭や文化祭などの学校行事があるお忙しい中、教育実習を受け入れてくださり、ありがとうございました。短い期間でしたが、母校である川之江高校で、先生という立場で授業をさせていただき、今まで以上に教師になりたいという気持ちが大きくなりました。大学に戻りましたら、川之江高校での経験を忘れずに、教師を目指してさらに勉強していきます。本当にありがとうございました。

 

 

文化祭

9月25日(金)に、「一心同体 ~いつも心はNo distance~」をテーマに、文化祭を行いました。

コロナウイルス感染症拡大防止のため、縮小した形での実施となりました。

 

日本文化部(音楽) ジブリメドレー

 

演劇部 「読書感想文戦争」

 

吹奏楽部 「誰が出るかな?」

 

バトン部 「みんなで踊ろう We're Niziu☆」

 

書道部 書道パフォーマンス

 

103,104HR Enjoy Cultural Festival

 

105HR 105流インスタ映えスポット

 

201HR ジブリの国

 

203HR 203が映える部屋を作るとこうなる

 

204HR 射的

 

美術部 川高美術展

 

放送部 体育祭ビデオ上映

 

日本文化部(華道) Blossoms ~癒やしの花~

 

日本文化部(茶道)

 

報道部(写真) 想い出の写真をどうぞ

 

報道部(新聞) 2020 Memories

 

書道部 書道展

 

囲碁・将棋部 将棋を楽しもう

 

家庭クラブ 家庭クラブ活動・家庭科作品展

 

図書委員会 古本市

 

人権委員会 障がい者スポーツについて知ろう

新居浜特別支援学校の皆様にも御協力いただきました。

 

生徒会 川高のっびのびトレジャー

 

ライオンズクラブ 献血に行こう!

 

PTA KAWAKO MARCHE

PTA研修部、本校卒業生を中心とする地元の飲食店の皆様、お世話になりました。

 

今年度は事前に文化祭入場希望調査票を提出していただき、入場許可証を付けて参観いただきました。

御協力ありがとうございました。

進路実現に向けて

9月15日(火)、3年生は進学希望者と就職希望者に別れて、進路指導が行われました。

進学希望者のうち共通テスト受験予定者に対する1回目の説明会も行われました。

就職希望者については、昨日から面接指導の時間が設けられ、それぞれの生徒がホームルーム担任以外の先生4~5名に面接に関する指導を受けました。

どの生徒もしっかりと準備し、進路実現に向けてエンジン全開です。

 

また2年生は小論文指導、1年生は進路講演会がありました。

1年生の進路講演会はオンラインで行われ、キッズ・コーポレーション専属講師の石橋先生に、「立派な社会人になるための高校生活とは」というテーマで、スクリーンも使いながら分かりやすくお話しいただきました。

 

家庭クラブ活動 「芝小僧」作り

「芝小僧」とは、土、ストッキング、フェルトで人形を作り、その頭部に芝の種を仕込んでおくことで、芝が生えると髪の毛のように見える人形です。保育や園芸セラピーとして活用されているそうです。

本来であれば、6月に家庭クラブ東予支部研究協議会が西条農業高校で開かれ、その研修会として行う予定でしたが、研究協議は書面審議となり、研修会は中止となりました。研修会を企画した西条農業高校から芝小僧の材料が送られ、各校で実施することになり、本校では9月11日、2年生家庭クラブ役員と1年生家庭クラブ委員で芝小僧作りを行いました。芝(髪の毛)が生えるとどんな芝小僧になるのでしょうか、楽しみです。

 

体育祭(5)

14 ハイ・アンド・ロー (1年男子) 1位:青嵐

 

15 ざ・りれー (2年) 1位:206HR

特別参加の教員チームのアンカー小池2年学年主任が2位でフィニッシュ

 

16 綱引き (3年男子) 1位:青嵐

綱引きは例年は男女混合で行っていますが、今年は男女別で間隔をとりながらの実施となりました。

 

17 綱引き (3年女子) 1位:黄道

 

18 各団対抗リレー 1位:黄道

 

体育祭(4)

9 めざせ!NO.1 (1年男子)

 

10 山あり谷あり (2年女子)

(教育実習生の佐川先生、喜井先生、内田先生もロープの係を手伝ってくれています。)

 

11 タイヤ奪い (1年女子) 1位:青嵐

 

12 障害物競走 (2年男子)

 

13 フォークダンス (3年)

今年度のフォークダンスは「接触」なしの新型コロナ対応版でした。

にっくきコロナ…

体育祭(3)

開会式

大西校長挨拶

 

鎗山体育委員長による選手宣誓

 

森實生徒会長による競技開始宣言

 

1 ラジオ体操

指揮は鎗山体育委員長

 

2 走れ!No.1(1年女子)

 

3 栄光の架け橋 (2年男子) 1位:赤光

 

4 ナイスキャッチ (3年男女) 1位:青嵐

 

5 学年別リレー

 1年 1位:青嵐

 

2年 1位:青嵐

 

3年 1位:黄道

 

6 新・なでしこJAPAN  1位:赤光

 

7 力士入門 1位:赤光

個人1位の丹君は昨年に続いての連覇でした。

 

8 部対抗リレー

女子2部

1位:バレーボール部  2位:吹奏楽部  3位:弓道部

 

男子2部

1位:バレーボール部  2位:ソフトテニス部  3位:卓球部

 

女子1部

1位:陸上競技部  2位:バスケットボール部  3位:バレーボール部

4位:ソフトテニス部  5位:テニス部  6位:ソフトボール部  7位:水泳部

 

男子1部

 フィニッシュはヘッドスライディング!

野球部は第1走者のまさかの転倒からの執念の逆転勝利でした。

1位:野球部  2位:陸上競技部  3位:サッカー部

4位:テニス部  5位:バスケットボール部  6位:空手道部

体育祭(2)

各団3年生が制作したアーチ

今年もレベルの高い作品が揃いました。

 

黄道(最優秀)

 

赤光

 

青嵐

 

今年度の団Tシャツ

審判係(記録係?)の3人です。

 

大西校長を始め多くの先生が着用していたポロシャツ

門田先生のデザインです。

 

入場門は美術部が制作しました。

   

消費者教育出前講座

8月26日(水)の午後に、愛媛県消費生活センターの星加様、原田様に来校いただき、1年生を対象とした消費者教育講座を実施していただきました。

感染症拡大予防及び熱中症予防対策として、101の生徒が情報室で直接講義を受講し、他のクラスの生徒は自教室で、ZOOMを使って配信される映像を視聴するという形で受講しました。

愛媛県消費生活センターの活動内容について紹介していただいた後、契約に関する基本的な考え方、契約によって生じる権利や義務、未成年者取り消し、クーリングオフ、悪質商法、ネットショップの注意点等について、クイズ等を通して分かりやすく説明していただきました。

消費生活センターの職員の方から直接説明していただくことにより、消費者として気をつけなければいけないことを理解し、自立した消費者として行動するための心構えを身につけることができました。

 

体育祭全校練習

8月25日(火)午後に体育祭の全校練習を行いました。

最初は各教室に待機し、放送によって、まず赤光団眞鍋団長、青嵐団小山団長、黄道団山内団長が、それぞれ体育祭への思いを述べ、協力と団結を呼びかけました。

次にテーマを作成した友安さん姉妹が、テーマに込めた思いを語りました。

その後、縮小した形で行う今年度の体育祭全体についての説明と、この後の全校練習の進め方について説明が行われました。

更衣の後、運動場に団別に集合し、全体練習として主に「ラジオ体操」を行いました。

今年度は団ごとの入場行進が実施されず、最初のプログラムのラジオ体操が採点種目となります。

今日は、各団の団長・副団長を中心に、より良い演技ができるよう、内容のある練習を行いました。

明日からは学年毎の合同練習が始まります。

 

シトラスリボン講習会

家庭クラブは、新型コロナウイルス感染症患者や医療従事者などへの偏見や差別を防ごうと広がっている「シトラスリボンプロジェクト」に賛同し、8/21、マルショウ株式会社より伝統工芸士の篠原さんを講師としてお招きし、家庭クラブ委員を対象としたシトラスリボン作り講習会を実施しました。

水引でシトラスリボンを作りました。9/25に行われる文化祭では、シトラスリボンを広める活動を計画中です。

シトラスリボン作り

 

シトラス色以外も作りました

 

 

2学期始業式

8月19日(水)、第2学期始業式を行いました。

新型コロナウイルス感染拡大防止、熱中症予防のため、生徒は自教室で待機し、放送で実施しました。

 

大西校長による式辞

 (式辞の一部)

・今年の夏休みは3週間弱の短い期間であったが、様々な部活動の代替大会や発表会が開催され、7月中に開催された引退試合等も含めて、3年生にとっては最後の公式戦、舞台となった。

・様々な思いがあったと察せられるが、その悔しさを心の中にしまい込んで、試合等ができたことや応援への感謝を述べてくれたり、次の目標を見据えての行動にシフトしている姿勢に強さとかっこよさを感じた。

・とことんやりきるという情熱を持った人間力こそ、これからの社会でたくましく生きていく礎になる。

・何かに本気で打ち込める人は、違う分野においても、それを応用して柔軟に対応することができる。

・1,2年生の中で、部活動を現在行っていない人もいるようだが、高校時代という二度とない今を大切にして、やり直すことができるのであれば、今軌道修正をしてほしい。

・今年は戦後75年という節目にあたる。高校生には遠い昔のことにしか感じられないかもしれないが、昭和36年生まれの自分は、身近な人から戦争体験を聴いてきた。

・国際社会では様々な対立、争いがあり、日本国内でも様々な解決困難な問題が存在する。

・自分の正しさを主張するだけでは、争いになる。優しさ、思いやりなど、お互いを尊重し感謝し合うという考え方ができないものかなと思う。

・日本には「おかげさま」という言葉、大自然の摂理に感謝するというすばらしい精神文化がある。

・世界の平和は、日本人が「おかげさま」の精神を広めて世界をリードしていかなければならないのかなと思う。

・他者への思いやり、「おかげさま」の心を大切にしっかりと持ち続けることが、変化が激しくて予測が難しい時代を生きていく上で大切である。

 ・1日も早く学校生活のリズムを回復して、新しい気持ちでスタートを切って欲しい。

・特に3年生は、大事な時期であるということをしっかりと自覚して、真剣に取り組んでもらいたい。

・様々な行事があるが、お互いに協力し、内容の充実したすばらしいものとなるよう、積極的に取り組んで欲しい。

 

 

校長式辞の後、CDで校歌を流し、心の中で一緒に歌うという形を取りました。

始業式の後、1年生は英語の実力テスト、2年生は英語の課題テスト、3年生は授業を行いました。

また放課後には体育祭の団役員会を行われ、体育祭に向けての準備がスタートしました。

 

「花の種銀行」フラワーバンクに取り組んでいます

フラワーバンクは、四国中央市の事業で、市から花の種を借り、その種で花を育て、花を楽しんだ後、花の種を収穫して善意の種(利息)を加えて返却するものです。

本年度、本校は「心の教育推進校」として研究に取り組んでいます。「花の種銀行」フラワーバンク事業を活用して花を育てることで豊かな人間性を育む一つの取組としています。

毎日、家庭クラブ役員が世話をして、はじめて花を咲かせました。

 

「川之江先輩塾DAY」を開催しました

5日(水)、「川之江先輩塾」DAYを開催しました。

「川之江先輩塾」は、本校を卒業し、大学で教鞭をとる同窓生が母校で研究の一端を披露することで、後輩たちに刺激を与えたいという目的で平成28年に結成されました。昨年度からは地元企業関係者の方も加わり、川之江高校をバックアップしていただいています。

今回は、大学関係の7名の先生方が2学年の希望者に対して出前授業をしてくださいました。

新型コロナウィルス感染症への対応もあり、遠方の先生方はZOOMでの参加となりました。

今年度は6月に続いて、2回目となりますが、自分たちの関心のあるテーマの授業を真剣な態度で参加していました。

川之江先輩塾の皆様、ありがとうございました。