川高日記(全日制)

お知らせ 熱中症対策と水難事故の防止等について

連日、全国的に猛暑が続いています。長期予報でもこの状態がしばらく続くと言われています。夏休み中の部活動や屋内における活動等においても、熱中症対策(こまめに水分を補給する、塩分の補給、冷却具の使用、適度な休憩、場合によっては活動の中止等)をしっかりとって、防止に努めてください。

 

県内では、今夏水の事故が起こっています。遊泳禁止区域への立ち入りや人目につかない場所での遊泳は絶対しないこと等、身の安全を最優先に考えて行動しましょう。

 

登山については、先の西日本豪雨の影響で地盤が不安定になっている場所があることも想定されます。安全が担保されない登山は控えてください。

 

台風12号が接近しています。週末に東日本から西日本に上陸するおそれがあります。しっかり防災・気象情報を収集し、万が一の場合適切に行動できるようにしてください。警報発令時は不要な外出は絶対しないようにしてください。

学校 2年進路講演会

7月24日(火)、2年生の進学希望者を対象に、進路講演会を行いました。

講師は、高松高等予備校の太田先生。

文系と理系に分かれて実施し、「進路実現に向けて」という演題で、有益なお話をしていただきました。

美術・図工 川高野球部ベスト8!応援ありがとうございました!

(松山坊っちゃんスタジアム 第1試合)川之江 4 - 8 済美

  合計
済 美 5 0 0 0 0 1 0 0 2 8
川之江 1 0 0 2 0 0 1 0 0 4

 

ベスト4進出を賭けた準々決勝。1回表、四球と4本のヒットで済美高校にいきなり5点を奪われます。その裏、宇都くんのヒット、花岡くんが送ってランナー二塁。ここで石原くんがレフトにタイムリーヒット!1点をもぎ取り、流れを変えていきたいところ。
3回には2アウト二三塁のチャンスもありますが、なかなか追加点につながりません。反撃は4回裏。3連続四球でノーアウト満塁とした川之江高校。小橋川くんがライト前タイムリーヒット、続く宇都くんがレフトへの犠牲フライで2点を追加!5-3と済美高校にジリジリ迫ります。
5回表には一二塁のピンチ。レフトに飛んだ打球を小橋川くんがレーザビーム送球で本塁タッチアウト!ピンチは背負いますが、初回の失点以降追加点を済美に許しません。しかし6回表。2アウト三塁の場面でレフト前タイムリーを浴び、6-3と差を広げられてしまいます。
差を詰めていきたい川之江高校。7回裏にはヒットとエラーで1アウト一二塁とすると、河上くんがライト前タイムリーヒットで取られた点を取り返し6-4。2点差まで詰め寄りましたが、9回にまたもタイムリーヒットと押し出しで2点を追加され、8-4と差を広げられてしまいます。
何とか追いつきたい9回裏。宇都くん、柴垣くんなどのヒットで2アウト一三塁まで持っていきましたが打線続かずゲームセット。川之江高校、今年の夏はベスト8という結果となりました。応援ありがとうございました!

体育・スポーツ 川高野球部 ベスト8進出!

(西条市ひうち球場 第2試合)川之江 3 - 1 松山北

  合計
川之江 0 0 0 1 0 1 1 0 0 3
松山北 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1

 

三回戦は先攻の川之江高校。3回まではヒットもあるものの、両チーム決定打が出ず無得点でイニングが進みます。
試合が動いたのは4回表。四球、安打、そして犠打がセーフになり、無死満塁のチャンス。続く河上くんの打球はサードの好守に阻まれ併殺となりますが、その間に三塁ランナーが生還して川之江高校が1点を先制します!
さらに6回表、宇都くんがヒットで出塁すると、バント職人花岡くんが送って1アウト二塁。さらに柴垣くんがライト前にヒットを打つと宇都くんは一気にホームへ!2-0、じわじわと点差を広げていきます。
その裏、先頭打者に二塁打を許すと、連続ヒットで無死一三塁。試合をひっくり返されかねないピンチでしたが、次のバッターをセカンドゴロ併殺に打ち取り、その間にホームインした1失点のみでリードを守ります。
2-1と点差の縮まった7回表。小南君がレフトの頭上を越える3ベースヒットを放つと、横内くんが犠牲フライで1点を追加。取られた分はきっちり取り返して終盤へ向かいます。
終盤、先発の大西くんは四死球やヒットでランナーは許しますが、鉄壁の内野守備も相まって松山北打線に三塁を踏ませません。9回も内野フライとゴロに打ち取ってゲームセット!川之江高校、8強入りです!