第1回川之江先輩塾

6月23日(火)の総合的な探究の時間に、今年度第1回の川之江先輩塾を実施しました。

1年生は体育館に集合し、地域協働学習として、本校の卒業生で地元の企業で働いておられる5名の方々によるパネルディスカッションを実施しました。各パネリストから高校時代の学びが現在につながっている経験や学ぶことの大切さ、地域で働くことの喜びや課題等についてお話しいただいた後、コーディネーターの高橋学年主任(本校の卒業生)から補足質問があり、その後質疑応答の時間が持たれました。

(参加いただいたパネリストの方々)

・山本淑子様(四国中央テレビ)

・越智茂様(ソニー生命株式会社)

・鈴木健様(自然薬本舗鈴木薬局)

・星川葵様(株式会社ゴークラ)

・石川克晴様(江南ラミネート株式会社、川之江先輩塾副会長)

 

2年生は各ホームルーム教室においてZOOMを用いて、本校の卒業生で大学で教鞭を執られている3名の方々による出前授業を実施しました。各先生から大学での最先端の研究内容や大学での研究方法等をお話しいただいた後、コーディネーターの小池学年主任の司会により質疑応答の時間が持たれました。

(参加いただいた先生方)

・吉田広先生(愛媛大学ミュージアム・准教授)

・石村大輔先生(首都大学東京東京都市環境学部・助教)

・宇田哲也先生(京都大学工学研究科・教授)

 

先輩方から直接お話をいただくことにより、学ぶことへの関心や意欲が高まり、地域における探究や調査活動のヒントをいただくことができ、貴重な時間となりました。