平成30年度 愛媛県立川之江高等学校マニフェスト
(全日制課程)


1 教育方針

「厳にして慈」

 自らの生き方を問い、他との共生を通して心豊かな人間性の涵養に努め、
 目的意識を持ち、社会に貢献できる人材を育成する。
2 指導目標
(1)「態度教育」を重視し、
   基本的な生活習慣を身に付けた目的意識を持った人材を育てる。
(2)正しい判断力とともに、"思いやり"と“共に生きる力”を身に付けさせ、
   自らを律する態度を育てる。
(3)生徒と教員の信頼関係を築くことで、生徒一人ひとりの可能性を引き出し、
   その能力を最大限に発揮させる。
(4)自主学習の習慣化により学力の充実を図り、
   生徒の目標に沿った進路実現ができる環境を整える。
(5)学校行事・特別活動の活性化を図り、健全な心身と社会性を育てる。
3 本年度の重点努力目標

 『チーム川高 授業の充実・マナーアップ』

 「チャレンジ精神」 
  何事にも高校生らしく勇気をもって挑戦させる。
 「誇りある立ち居振舞い」 
  川高生の誇りを胸に自覚ある行動をとらせる。
 「素直な気持ち」 
  自分に素直で人に感謝できる心豊かな人間を育む。

ア 「よく分かる」授業の実践
イ 自主学習の推進
ウ 学習習慣の確立
 (一週間の家庭学習  一年次20時間・二年次25時間・三年次30時間以上)
エ キャリア教育の充実
 (進路達成率100%、コミュニケーション能力の向上)
オ 個人指導の徹底
 (進学補習・就職補習の出席率100%、国公立大学合格70名以上)
カ 学校の特色化と活性化
 (部活動加入率75%以上、県総体出場150名以上、県高文祭出場100名以上)
キ 自他の生命と人権を尊重する態度を育てる教育の推進
 (いじめゼロ)
ク 環境改善・美化の推進
 (ごみゼロ)
ケ 自律生活の確立
 (特別指導生徒ゼロ、出席率98%以上)

「努力目標碑」

4 生徒努力目標
 自主学習・自律生活・健康安全