警報発令時・自然災害(台風等)時の対応について(全日制)


1 開校日について

(1)登校時において、四国中央市または生徒本人の居住地域に「暴風警報」・「暴風雪警報」・「大雨警報」・「洪水警報」・「大雪警報」及び「特別警報(津波・地震等を含む)」のいずれか一つでも発令中は、登校せずに自宅で待機する。

(2)正午までに、「暴風警報」・「暴風雪警報」・「大雨警報」・「洪水警報」・「大雪警報」及び「特別警報」のすべてが解除された場合は、危機や無理を避けて安全確保の上登校する。それができない場合は、学校に連絡をし、引き続き自宅待機をする。
※ 途中から登校し、授業を行う場合は、その授業の時間帯に予定されている授業を実施する。

(3)正午以降も、「暴風警報」・「暴風雪警報」・「大雨警報」・「洪水警報」・「大雪警報」及び「特別警報」のいずれか一つでも継続して発令されている場合は、自宅学習とする。

(4)学校への問い合わせはしないこと。

(5)登下校時は、河川の増水、崖崩れなどに十分配慮し、余裕のある行動をとること。(何かあれば、学校に連絡をすること。)

(6)下校時、教室、廊下、階段の戸締りを徹底すること。


2 長期休業中の補習、土曜講座、模擬試験について

1に同じ。ただし、(2)、(3)の下線部を、午前9時とする。