過去の川高日記
愛媛の歌 他リンク

本校は、日本新聞協会の2016・2017年度NIE推進事業の実践指定校となっています。

 

NIEは「Newspaper in Education」の略で、学校などで新聞を教材として活用することを指します。

 

教育界と新聞界が協力し、社会性豊かな青少年の育成や活字文化と民主主義社会の発展などを目的に掲げて、全国で展開されています。

 

本校では、2016年9月から6種類の新聞を購読し、校内にNIEコーナーを設け、自由に新聞を閲覧したり、記事を活用できるようにしているとともに、一部の授業で活用しています。

 

このうち2年生の現代社会の授業における新聞記事を活用した授業については、2016年11月1日付愛媛新聞第21面の中で紹介されました。

20161101_2.jpg

掲載許可番号:G20171201-03537

 

日本新聞協会主催の第7回「いっしょに読もう!新聞コンクール」の高校・高等専門学校部門において、本校は学校奨励賞を受賞し、個人でも2年脇さんと3年曽我部君が奨励賞を受賞しました。

  こちら を御覧ください。

 

 

平成29年度 NIE実践 川之江高校 研究テーマ

「新聞を通して問題に気づき、より良い社会の創造に向けて活動できる生徒の育成 〜『意見を書く』 『比較する』活動を中心に」

 

研究の仮説

(1)「記事に関して、自らの意見を書く」活動を充実させれば

  ーらの物の見方・考え方を発見(明確化・創造)することができるだろう。

    【思考力・判断力・表現力の育成】

  ⊃景控事特有の表現方法を学び、論理的な文章の書き方ができるようになるだろう。

    【知識・技能の習得】 【表現力の育成】

  社会問題に対する興味・関心を持ち、主体的な学びを通して、将来の進路実現のために行動できるようになるだろう。

    【学びに向かう力・人間性の涵養】

(2)「記事を用いて、比較する」活動を充実させれば

  /景垢亮匆馘役割を理解する中で、メディアリテラシー(情報を学び取る力)が伸長するだろう。

    【知識・技能の習得】 【思考力・判断力の育成】

  対話的な学びを通し、物の見方・考え方を深化(明確化・創造・習性・改善)させることができるだろう。

    【思考力・判断力・表現力の育成】

  情報感度が上がり、社会についての問題を発見し考察して、深い学びにつなげることができるだろう。

    【学びに向かう力・人間性の涵養】

★この(1)、(2)の仮説が実証されるならば、「新聞を通して、問題に気づき、よりよい社会の創造に向けて活動できる生徒の育成」ができるだろう。

プリンタ出力用画面

前のページ
えひめ教育月間
コンテンツのトップ 次のページ
本校で学びたい皆さんへ