川高日記(全日制)

職員研修会(Microsoft  Office 365 利用研修)を行いました

12日、教職員対象の「Microsoft  Office 365」利用のための研修会を開催しました。

本校情報処理課長が講師となり、参加希望の教職員が研修を受けました。

今年度、生徒全員に端末が配布され、現在、授業や課題等で活用しているところです。また、職員の様々な研修会も「Teams」等が活用されています。

よりよい活用ができるよう本日の研修を活かしていきたいと思います。

 

可愛い訪問者

職員室に可愛い訪問者が現れました。

職員室に、素敵な鳴き声を残していつの間にか窓から出ていきました。

 

第2回交通マナー啓発活動を実施しました

10日、四国中央警察署員の方と一緒に交通安全委員の生徒たちが交差点に立って交通マナー啓発活動を実施しました。

「交通事故のない愛顔あふれる四国中央市を目指して」をスローガンに、活動をしました。

今後も毎月1回継続していく予定です。

皆さん、交通マナーを守って、交通安全を推進しましょう。

バッチを付けて活動しました。

 

 

 

県総体東予地区予選の結果(陸上競技)

5月2日(日)~4日(火)

【男子】〈100m〉3位 大西 5位 栗田 〈200m〉3位 大西 5位 栗田 8位 高橋

 〈400m〉8位 伊藤 〈4×100mR〉1位(栗田 大西 細川 川原)

 〈4×400mR〉4位(伊藤 細川 栗田 大西)〈棒高跳〉1位 三浦

 〈走幅跳〉4位 細川 6位 川原 7位 石川 〈三段跳〉1位 細川 4位 川原 5位 石川

   総合 5位(70点) トラック 5位(35点) フィールド 2位(35点)

【女子】〈4×100mR〉6位(土井 森実 三寳 内田) 〈走高跳〉2位 星川 8位 三寳

 〈棒高跳〉1位 土井 2位 次田 〈走幅跳〉7位 森実

   総合 7位(27.5点) トラック 10位(3点) フィールド 4位(24.5点) 

 

【重要】愛媛県からの緊急メッセージ

 大型連休が終わり、明日から学校が再開されますが、本県では連休中に、県外からの持ち込み、持ち帰りによると思われる感染事例が複数確認されており、連休中の人出と相まって、県内に一定程度ウイルスが広がってしまっている可能性が否定できない状況にあります。

 また、先生やクラスメートなど、連休中の行動をお互いに把握しきれない中で、知らず知らずのうちに感染したウイルスが、学校活動の再開によって、さらに学校の内外に拡散することも大いに危惧されます。

 このため、明日から「症状がある場合は、登校しない」ことを、必ず守っていただきますようお願いします。

〇症状がある方は、「休み明けだから」と無理して登校することはやめ、人との接触を避け、必ず医療機関を受診していただきますようお願いします。

 また、症状が出ても間もなく改善し、学校等で人と接触した後、再び症状が現れ、陽性が確認される事例も少なからず見受けられます。

〇連休中に一度でも症状が出た場合は、現時点で症状が改善していても、念のため、医療機関を受診いただきますようお願いします。

※保護者の皆様宛に「さくら連絡網」でお知らせした内容と同じです。

 

 

県総体東予地区予選の結果(29日)

【ソフトテニス(男子)】

1回戦 川之江0-2三島

敗 復 川之江2ー1新居浜高専

    川之江0-2西条

    川之江1-2三島

善戦しましたが、県総体出場には届きませんでした。

【ソフトテニス(女子)】

1回戦 川之江2-0弓削

2回戦 川之江2-0小松

準々決勝 川之江0-2西条(県総体出場)

 

2020 オリンピック・パラリンピック聖火リレートーチ

本校学校評議員の 大西 誠治 さんが 聖火ランナーとして四国中央市の2区を走りました。その時、手にしたトーチを3日間展示させていただきました。

 大西さんは、長年、地域の見守り活動を続けられる等様々なかたちで地域に貢献する活動をされています。 

大西さんに「どんな思いで走られたのですか」と伺うと

 「コロナ禍の中で、“がんばれ”」の気持ちと、「自分を育ててくれた地域に“ありがとう”」の気持ちで走りました。

 また、大西さんは、トーチについて

 「トーチの素材は、東日本大震災の時に建設された福島県の復興住宅に使われていたアルミニウムを再生してできています。トーチには、震災からの復興の象徴としての意味があることを皆さんに知ってほしい」

大西さんの「希望する生徒に触らせてあげて」とのご好意で希望者が実際にトーチを手にしました。

「どんなふうに火がつくのだろう」「思ったより重い(軽い)」「オリンピック・パラリンピックが開催されるといいな」

口々に感想を話していました。

貴重な機会を与えていただいた 大西さん ありがとうございました。

 

 

県総体東予地区予選の結果(25日)28日写真更新

【テニス(男子)】

 シングルスは善戦しましたが県総体の出場を逃しました。

【バレーボール(女子)】

 敗 復 川之江0ー2今治西

 善戦しましたが県総体の出場を逃しました。

 【バスケットボール(女子)】

 敗 復 川之江91ー62今治南(県総体出場)

【バスケットボール(男子)】

    2回戦 川之江55ー85今治南

 敗 復 川之江92ー65弓削商船 (県総体出場)

【テニス(女子)】

 24日ダブルス 3位表彰

 25日シングルス 吉川 3位で県総体出場

【バレーボール(男子)】

 1回戦西条に勝ち、2回戦の新居浜西に惜しくも敗れはしましたが、県総体出場を決めました。

 

【卓球(男子)】

 シングルス善戦しましたが、県総体出場を逃しました。 -

【弓道】

 男子団体 3位(県総体出場)

 女子団体 4位(県総体出場) 

 男子個人 安藤(1位 県総体出場)

 女子個人 脇(県総体出場)

 【サッカー部】

 

県総体東予地区予選の結果(24日)

【テニス(女子)】

 ダブルス 吉川・石川ペア 3位で県総体出場

【テニス(男子)】

 ダブルスは善戦しましたが県大会出場を逃しました。

 シングルスは明日決まります。

【卓球(男女)】

 団体 1回戦 川之江3ー1新居浜西

    2回戦 川之江1ー3東予

 ダブルスは善戦しましたが県大会出場を逃しました。

 男女シングルスは明日決まります。

【バレーボール(女子)】

 1回戦 川之江1ー2新居浜東

  敗 復 川之江2ー0土居

    明日の第1試合で今治西高校と県総体出場をかけて対戦します。

【サッカー】

 川之江0ー7今治西

【バスケット(女子)】

 1回戦 川之江83ー33丹原

 2回戦 川之江48ー54三島

 明日の敗者復活戦に県総体出場をかけて対戦します。

【剣道】

 団体(男子)

 1回戦 新居浜西に勝利(県総体出場)

 2回戦 今治西に敗退  

 個人は男女とも善戦しましたが県総体出場を逃しました。

 

 

 

4月23日

4月23日、明日は県総体東予地区予選が各会場で開催されます。

3年生にとっては、最後の総体。予選突破に向けて練習に汗を流しました。

無観客での開催となりますが、応援よろしくお願いいたします。

3年進路指導

4月22日(木)、3年生の進路指導があり、足立進路課長が卒業生の進路状況、各自の進路実現に向けての心構え、これからするべき事等について、説明を行いました。

将来についての予測が困難な状況ですが、学力や生活力を向上させ、人の役に立ち、人から必要とされる存在となれるよう、努力を積み重ねていきましょう。

 

四国中央警察署との交通安全運動

 

 本日、四国中央警察署のご指導のもと、学校前の交差点で交通安全運動に参加しました。3年生の交通安全委員11名が交差点に立ち、高校生や市民の方々にあいさつを行いました。この運動は今後も継続して行っていく予定です。ドライバーの皆様におきましては優先横断にご協力いただき、ありがとうございました。

県総体東予地区予選の結果(18日更新)

①ソフトテニス部【女子】

 17日(土)、今治市営スポーツパークで個人戦が開催されました。雨天ではありましたが屋根付きコートで試合が行われ、矢野・中川ペアが4回戦に進出し、県総体への出場を決めました。

②サッカー部

 18日(日)、今治市営スポーツパークで1回戦がありました。7対0で新居浜商業に勝ち、2回戦へ駒を進めました。次の対戦は24日(土)。県大会進出をかけて今治西高校と対戦します。

③ソフトテニス部【男子】

 18日(日)、今治市営スポーツパークで個人戦が開催されました。川端・石川ペアが3回戦に進出し、県総体への出場を決めました。

書道甲子園 コピー・ポスター披露

4月14日(水)、今夏開催予定の第14回全国高校書道パフォーマンス選手権大会の実行委員会が、大会のキャッチコピーやポスター・パンフレットの図案、PRテーマ等の発表を行い、本校の生徒が三島高校の生徒とともに記者会見で説明を行いました。

4月15日付け愛媛新聞第6面に記事が掲載されていますので、御覧ください。

転載許可番号:d20210415-01

通学マナー指導

今週の月曜日は課題テストと各部打合せ会があり、火曜日から40分の短縮授業が行われています。水曜日の今日は、授業終了後、放送により通学マナー指導を行いました。

最初に桑原教頭が感染対策について改めて注意点を呼びかけた後、小野生徒課長が交通マナーやルールの遵守について説明をしました。

自分を守るだけでなく、周りにも気を配り、時間、心に余裕を持って行動しましょう。

 

終了後、JR通学生は体育館に集合しJRでの通学マナーについて指導を受けました。

また1年生の自転車通学生の車体等の検査が行われました。

明日からは50分の平常授業となります。

 

「カノン♪ふぁみりーコンサート」に向けて

昨年の「オンライン四国中央子育てフェスタ2020」に参加した生徒や生徒会役員など有志の生徒15名が、4月24日(土)にしこちゅ~ホールで行われる「四国中央ふれあい大学 カノン♪ふぁみり~コンサート」に出演します。

それに向けて、4月10日に川之江ふれあい交流センターにて2回目の練習を行いました。

来場してくれる子ども達が楽しんでもらえるステージにしたいと思います。

 

4月24日追記 

 新型コロナの感染拡大防止対策のため、予定されていたコンサートは中止となりました。

対面式等

4月9日(金)、新分担で清掃を行った後、新入生と2・3年生の対面式を実施しました。

昨日より愛媛県が感染対策期に移行したのに伴い、急遽放送での実施となりました。

進行は生徒会役員兼放送部員が務めました。

 

大西校長挨拶

(挨拶の一部)

・(愛媛県の感染対策期移行に伴う学校活動での感染防止対策の強化についての説明と、取るべき行動についての確認)

・お互いの顔が見えるという場面設定ではないが、生徒会長歓迎の言葉と新入生代表挨拶を聴きながら、心で対面してください。

・「三つの密」を避けて警戒レベルを上げての学校生活となるが、新入生と2・3年生が部活動や行事においてごく自然に交流ができる環境を一日も早く取り戻せるよう、目で微笑んで挨拶を交わすなど、温かい心の交流に努めて下さい。

 

井原生徒会長歓迎の言葉

(歓迎の言葉の一部)

・新入生の皆さん、御入学おめでとうございます。

・新しいことの連続で戸惑うことも多いと思いますが、あまり焦らず、少しずつ慣れていきましょう。

・たった一度の高校生活、思う存分、自分がしたいこと、今までしなかったことにも楽しく挑戦していって下さい。

・不安になることや、困ることがたくさんあると思います。そんな時は一人で抱え込まず、かっこいい先輩たちを思いっきり頼って下さい。

・より充実した学校生活を送れるよう、ともに良い学校を築いていきましょう。

 

新入生代表伊藤さん挨拶

(挨拶の一部)

・この伝統ある川之江高校に入学でき、とても嬉しく思います。

・文武両道の目標のため、部活動では、先輩方をお手本として練習に励みたいです。

・制限が多い毎日ですが、できることを見つけ新しい考え方で行動することの大切さを感じています。

・夢を実現するために何ができるかを考え、頑張っていきたいです。

・分からないことばかりで、至らない点もありますが、先輩方、どうか御指導をお願いします。

・川高生としての自覚を持ち、新しい仲間と充実した3年間を送れるよう頑張ります。

・これからよろしくお願いします。

 

 

対面式の後1年生はオリエンテーション、HR活動、2・3年生はHR活動、身だしなみ指導を行いました。

1年生のオリエンテーションは体育館でスペースを取りながら整列し、担当の先生方による説明を、メモを取りながら聴きました。

 

 

午後は新入生への部紹介を放送の形で実施しました。

大西校長、井原生徒会長の挨拶の後、各部の代表者が部紹介の発表を順番に行いました。

新入生は各部のアピール文をまとめた資料プリントを見ながら、上級生の部紹介発表を聴きました。

月曜日に各部打合会があり、入部希望届を提出することになります。

ぜひ何かの部に入り、勉学と両立させながら、より充実した高校生活を送りましょう。

 

日本文化部 入学式準備

 入学式に向けて、日本文化部(華道)の生徒が体育館に飾るお花を生けました。新入生の皆さんの入学を祝う装飾ができました。

 また入学式の前には、日本文化部(音楽)の生徒が事前に収録していた琴の演奏を、新入生や保護者の皆様にお聴きいただきました。

 新入生の入部をお待ちしています。

 

入学式

4月8日(木)午後、入学式を行いました。

国歌斉唱

入学許可宣言

大西校長による入学許可宣言により、181名が入学を正式に許可されました。

  

校長式辞

(式辞の一部)

・withコロナの生活が続くが、甘く考えず、冷静に、「正しく恐れる」というスタンスで乗り切りましょう。

・現代は「予測が困難な時代、答えのない時代」と言われるが、社会の様々な課題に他者と協力して取り組む(協働する)力が求められる。

・様々な場で新たな出会いや経験をしていくことになるが、失敗を恐れず、より積極的に出会いを求め、人として成長してほしいと願う。

・出会いを活かすには、自分を信じ、他者や出会った対象、経験するすべてのことに真剣に向き合うことが重要である。

・希望を捨てずに奇跡的な復帰を果たし、オリンピック代表内定を勝ち取った池江選手のように、どんな状況でもポジティブに考え、未来について良いイメージを具体的に持って、本気になってください。

・「本気ですれば、たいていのことはできる。本気ですれば、何でもおもしろくなる。本気でしていると、誰かが助けてくれる。そしてその先には確かな成長を実感できる自分がいるはずである。」

・川之江高校教職員は、全力で皆さんを支え、希望の道へと導いていきます。

・「本気」、「全力」、「共感」、「感謝」を合い言葉にして、ともに学び、成長していきましょう。

※式辞の全文は、 こちら を御覧ください。

 来賓祝辞

 愛媛県議会議員宇髙様

 

 PTA会長髙橋様

 

来賓紹介

祝電・祝詞披露

 出身中学校の校長先生・教職員様を始め多数の方々から祝詞をいただきました。

 

新入生代表宣誓

 新入生を代表して、森實さんが宣誓を行いました。

 

式後の校歌披露は今年度もCDの放送により行いました。

 

運営委員・養護教諭紹介の後、1年学年主任・正副担任紹介が行われました。

 

森實1年学年主任からの挨拶

 

 保護者の皆様にホームルーム教室に入っていただき、ホームルーム担任から学級経営方針等についてお話をさせていただきました。

 体育館の後片付け、集団指導を終えた後、新入生がホームルーム教室に入り、最初のホームルーム活動を行いました。

 

始業式等

4月8日(木)午前中に、2・3年生が久しぶりに登校し、旧HRでの最後のSHR、旧分担での大掃除を行った後、体育館で新任式、始業式を行いました。

新任式では大西校長により11名の新任者が紹介され、眞田教頭が代表して挨拶を行いました。

(挨拶の一部)

「歴史と伝統のある、輝く川之江高で、皆さんのお役に立つことができるように、本気で、全力で頑張って参ります。」

 

始業式では大西校長による式辞の後、校歌を静聴(心の中で斉唱)しました。

(式辞の一部)

・愛媛県でも新型コロナウイルス、特に感染速度の速い変異株による感染が拡大しており、今日から最大警戒レベル段階(感染対策期)に入っている。

・校内外を問わず、感染リスクの高い行動を絶対に取らないようにしてほしい。

・自分がウイルスを持っているかもしれないという意識で、緊張感を持って、慎重に生活してほしい。

・予測の困難な時代の中で、社会のさまざまな課題の解決のために他者と協働する力が求められる。

・新年度となり新しい出会いや経験を持つこととなるが、失敗を恐れず、より積極的に向かい合って、成長につなげてほしい。

・自分を信じ、失敗や困難を含めてすべてに真剣に向き合うことにより、しなやかな強さを身につけてほしい。

・競泳の池江選手が代表選考会で優勝し、東京オリンピックの代表に内定したという奇跡的なニュースがあった。

・(昨年7月に池江選手が新国立競技場から世界に向けて発信したメッセージの再紹介)

・医療従事者を始め周囲の人々に感謝の気持ちを抱きながら、希望を持ち続けて努力を続けることにより逆境をはね返した池江選手の姿に学びたい。

・ポジティブな思いを持ち続け、感謝しながら本気で全力で努力すれば実現へつなげることができる。

・「本気、全力、共感、感謝」を合い言葉に、自分の力を信じ、周りの人を信じ、まずは1学期、しっかり前進していきましょう。

 

※式辞の全文は、 こちら を御覧ください。

  

始業式の後は、桑原教頭により今年度の運営委員、HR担任等が紹介されました。

その後、生徒は新HR教室に入り、最初のHR活動を行いました。

 

3月31日

テニスコートでは、男女ソフトテニス部の生徒たちが、グランドの整備、ラインの張り替えをしていました。

体育館では、男子バスケットボール部が汗を流していました。

校長先生からの激励がありました。

明日から4月、学年が1つ上がり、8日には、新入生を迎えます。

離任式

3月26日(金)、離任式を実施しました。

大西校長が離任される先生方を紹介した後、一人ずつ挨拶をしていただきました。

井原生徒会長が送別の言葉を述べた後、生徒会役員が花束を贈呈しました。

校歌を心の中で斉唱した後、離任される先生方を拍手でお送りしました。

 

新天地でも健やかに御活躍ください。

 

四国まんなか高校生探究活動サミット

3月25日(木)、第1回四国高校生探究活動発表会(四国まんなか高校生探究活動サミット)がオンラインで開催されました。

徳島県立池田高等学校、高知県立山田高等学校、香川県立善通寺第一高等学校と本校の4校の代表者が、それぞれ自分たちが行ってきた探究活動について発表し、審査員の方々から講評をいただいたり、質疑応答、意見交換を行いました。

本校からは石津さんと髙橋さんが「紙と生きる道~紙で思いを繋ごう~」をテーマに、四国中央市を、住み続けたいと思える、より魅力的な町にするために、基幹産業品である紙を用いた様々な方策案(「ペーパーサイクル計画」)について分かりやすく、生き生きと発表しました。

また井原さんと薦田さんが他校の発表を見学するという形で参加しました。

他県の高校生の探究活動の発表はいずれも興味深く、刺激を受けるとともに、探究活動の進め方や発表の仕方について多くのことを学ぶことができ、貴重な経験となりました。

パブリックビューイングルームでは本校の教員が参観しました。

 

日本文化部より

3月17日、日本文化部(茶道)は今年度最後のお稽古でした。来年度は5月に文化祭が行われるということで、文化祭に向けたお稽古をしました。

 

3月19日、日本文化部(日本音楽)は入学式が始まるまでのBGMの録音を行いました。「さくら・21」という春にふさわしい曲で新入生の皆さんをお迎えします。

 

4月8日の入学式には、日本文化部(華道)が入学式のお花を生けます。

 

新入生の皆さん、部員一同皆さんの入学と入部を心待ちにしています。

 

高校野球春季東予地区予選1回戦突破

21日、春季四国地区高校野球大会の東予地区予選1回戦が行われ、今治北高校に1対0で勝利しました。

多くの方に、ご声援いただき、ありがとうございました。

22日、11:30から今治球場で県大会進出をかけて三島高校と対戦します。

終業式等

3月19日(金)、終業式等を実施しました。

 

終業式に先立って、表彰伝達が行われ、多数の部、個人が表彰を受けました。

「いっしょに読もう新聞コンクール」 奨励賞 石村、大廣、曽我部

空手道部

全国高等学校空手道選抜大会四国地区予選 男子個人組手 -55kg級 第2位 廣岡

女子バスケットボール部

 愛媛県高等学校東予地区バスケットボール新人大会 第3位

書道部

 第59回愛媛県学生書道展 特選 筱原

 第29回国際高校生選抜書展 入選 筱原、篠原

 第68回愛媛県学生書道展 愛媛CATV賞 篠原

第3回高校生による歴史文化PRグランプリ 審査員特別賞 江間、篠原、新居田、藤田

愛媛地域作りアワードユース2020 奨励賞 江間、篠原、新居田、藤田

陸上競技部

 全国高等学校体育連盟陸上競技専門部からの特別表彰 1級 棒高跳 記録3m50cm 土井(指導者髙橋)

校内漢字テスト満点賞 15名 代表:土井

日本漢字能力検定 第2回 2級 代表:加地

日本漢字能力検定 第3回 2級 4名 代表:石川

実用数学技能検定 2級 2名 代表:長野

実用英語技能検定 第3回 2級 4名 代表:谷

 

終業式

賞状授与

 努力賞 1学年7名 代表:稲岡  2学年8名 代表:神田

 1か年皆勤賞 1学年71名 代表:小山  2学年94名 代表:加地

校長式辞

(大西校長による式辞の一部)

・一人ひとりが本気で全力で学校生活に取り組み、新1年生にとってあこがれ、尊敬の存在となるようにしてほしい。

・10年前の東日本大震災では被災地の状況を直接、間接的に見聞して自分がなすべきことの自覚を高め、精神的に成長した若者が多くいた。

・悲惨な状況の中での、日本人の精神性の高さ、心の強さが世界中から驚きを持って評価された。

・コロナ禍の中では、感染者や医療従事者に対する誹謗、中傷などの誤った行動を取ってしまう人々も見られたが、「正しく恐れる」というスタンスでコロナ禍の克服に尽力してほしい。

・(年度の初めに紹介した詩)

 本気ですれば、たいていな事はできる

 本気ですれば、何でも面白い

 本気でしていると、誰かが助けてくれる (後藤静香)

・来年度も、全員で「本気、全力」を合い言葉に、お互いに助け合って、面白さや楽しさを毎日感じられるような学校を作っていきたい。

 校長式辞はこちら

 

終業式の後、小野生徒課長から今年度の生活面での反省や春休みの過ごし方等についてお話がありました。

 

また部活動集会が行われ、笠崎特活課長から1ヶ月後、2ヶ月後、1年後、…に自分があるべき姿を思い浮かべ、そのために今自分がするべきことをしっかりやっていこう等のお話がありました。

 

合格発表

3月18日(木)10時に、本校への入学者選抜の合格発表を行いました。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、今年度も2カ所に分けて掲示しました。

希望者には学力検査結果等の簡易開示を行いましたが、場所を分けたり、手指消毒をしていただくなど、感染防止に配慮して実施しました。

1年生クラスマッチ

3月5日(金)、1年生のクラスマッチを実施しました。

男子はサッカー、女子はバスケットボールで、予選リーグの後、決勝トーナメントを実施しました。

女子 1位104HR 2位102HR

男子 1位101HR 2位103HR

男子の決勝戦は1-1(PK4-2)でした。

 

2年生クラスマッチ

3月4日(木)、2年生のクラスマッチを実施しました。

男子はサッカー、女子はバスケットボールで、予選リーグの後、決勝トーナメントを実施しました。

男子 1位206HR 2位204HR

女子 1位201HR 2位204HR

 

租税教室

3月3日(水)、2年生を対照に租税教室を実施しました。

西森光輝税理士事務所より西森先生に来校いただき、一つの教室でPower Pointのスライドを使ってお話しいただき、他の教室でZoomによる画面共有・音声配信という形で視聴するという形で行いました。

租税の意義や役割を理解し、納税者としての自覚と関心を高め、社会や国の在り方を主体的に考えるための貴重な時間となりました。

 

 

卒業式

3月1日(月)、第72回卒業証書授与式を実施し、205名が学び舎を巣立っていきました。

新型コロナウイルス感染拡大防止に配慮し、在校生の出席は代表の生徒会長のみで、国歌斉唱・校歌斉唱は静聴とし、また唱歌斉唱や呼名への返事は省略するなど、特別な形での実施となりました。

 

卒業生入場

 

開式のことば

 

国歌斉唱(静聴)

 

卒業証書授与

 ホームルーム毎に担任が呼名をし、起立をしていきました。

 卒業生全員の名前が読み上げられた後、大西校長から卒業生代表の友安さんに卒業証書が授与されました。

 

賞状授与

橘賞(石川)

 

校長賞(8名、代表松本)

 

皆勤賞(49名、代表合田)

 

功労賞(体育局7名、文化局15名、生徒会1名、代表渡邉・川上・森實)

 

校長式辞

(式辞の一部)

・皆さんのこれまでの苦労やひたむきさ、けなげさ、そして人を思いやる優しさを、日々感じてきました。

・三年間努力を重ね、所定の課程を修めるとともに、特にこの一年は、新型コロナウイルスという見えない敵に立ち向かい、「当たり前のありがたさ」、「感謝することの大切さ」に気づき、悔しさや悲しみを胸の奥にしまって、前を向くという「強さ」を発揮し、人間的にも大きな成長を遂げました。

・様々な試練を乗り越え、学校生活のあらゆる場面で存分に活躍し、後輩たちにしっかりと本校の伝統を引き継いでくれたことに、敬意と感謝の意を表したいと思います。

・リオオリンピックで3冠を果たし、驚異的な100m走世界記録を保持するウサイン・ボルト選手は、生まれつきの脊椎側湾症という障害、それに起因する太ももの肉離れの故障頻発を、不屈のひたむきな努力によって克服するとともに、強く優しい人格を身につけた。

・不確実な情報が行き交う時代だが、「自分で考える」、「自分で判断する」、「自分で評価を下す」

・自分の考えを深めるために、他者の意見、自分とは異なる意見にも謙虚に耳を傾け、知らないことを知ろうとする向上心、探究心が必要です。

・ボルト選手の逆行に屈しない力(resilience)を模範として、充実した未来を信じて、前を向いて頑張りたいものです。

・「しなやかに強く! 謙虚に優しく!」

 

愛媛県知事祝辞(教頭代読)

 

来賓祝辞(髙橋PTA会長)

(祝辞の一部)

・学び、闘い、努力したことや、ともに泣き、笑い合った仲間たちは皆さんの一生の宝です。

・「少しでも興味を持ったこと、やってみたいと思ったことは、結果はともあれ手を付けてみよう。幸せの芽はそこから芽生え始める。」(本田宗一郎)

・失敗を恐れず、少しの勇気を持つことで新しいチャンスや出会いに結びつく。

・コロナ禍の中で臨機応変の対応を求められる経験をした皆さんは、これからの人生の中で、筋を通しながら、柔軟にベター、ベストを探すことができるはずです。

・興味、関心を持ったことは、自分を信じて、果敢に挑戦してください。

・「笑顔、素直、感謝」

 

祝電・祝詞披露

 森前校長をはじめ多数の方々より祝電・祝詞をいただきました。

 

在校生代表送辞(井原生徒会長)

(送辞の一部)

・先輩方の姿は、どんな時も私たちのあこがれでした。

・特に今年の体育祭では、練習に取り組む姿勢に甘えなど一切なく、優勝目指して一直線に突き進む先輩方の姿に圧倒され、尊敬の思いは深くなりました。

・部活動においても、自分たちの成長のために試行錯誤を繰り返し、互いに互いを支え合ってきたことは、今でも忘れられないすばらしい思い出です。

・同級生の仲間たち、先生方、先輩や後輩の私たちとのたくさんの思い出がつまった3年間の日々を思い出すことは、不安や哀しみも忘れさせ、勇気を与えてくれると思います。

・先輩方のよりいっそうの御活躍と御健康を心よりお祈り申し上げます。

 

卒業生代表答辞(石川)

 

答辞の全文は こちら(PDFファイル) を御覧ください。

 

 

校歌斉唱(静聴)

 

卒業生退場

 

 

体育館での式の後、卒業生は各ホームルーム教室に入り、最後のホームルーム活動を行いました。

保護者は2年生の各教室に入っていただき、ZOOMによる配信で視聴していただきました。

 

卒業生の皆さん、新しい生活が始まります。「なりたい自分」になれるよう、自分の未来を見通し、自分にきちんと指示を出して、毎日の努力を積み重ねていってください。

 

卒業式の花の準備

2月28日(日)、 明日の卒業式に向けて、日本文化部(華道)の生徒が体育館に飾るお花を生けました。

大きな花器に生けた経験がない1年生部員しかいないため、明日卒業を控えた3年生部員も参加してくれました。

卒業生の皆さんの門出を祝う装飾ができました。

 

来賓控室に飾るお花、愛媛県開発の「さくらひめ」も準備しました。

同窓会入会式、表彰式、卒業記念品贈呈式

2月26日(金)に、同窓会入会式、表彰式・記念品贈呈式を行いました。

 

同窓会入会式

毛利会長、横内副会長、井原副会長、大西副会長に出席いただき、第72回卒業生同窓会入会式を実施しました。

 

同窓会会長あいさつ

 

入会者のことば(入会者代表:鎌倉)

 

校長祝辞

 

記念品贈呈(受領者代表:大西)

 

入会者幹事紹介・幹事代表あいさつ(幹事代表:神田)

 

表彰式に先立って、表彰伝達が行われました。

ソフトボール 優秀選手賞 土肥

 

表彰式・記念品贈呈式は、在校生は井原生徒会長だけが代表して出席する形で実施しました。

表彰式

全国高等学校家庭クラブ連盟賞:濱田

 

愛媛県高等学校体育連盟体育功労賞:34名(代表:鎗山)

 

愛媛県高等学校文化連盟文化功労賞:10名(代表:日詰)

 

1か年皆勤賞:112名(代表:三宅)

 

記念品贈呈式

在校生を代表して井原生徒会長が目録を読み上げ、卒業生代表の森實前生徒会長が受領し、謝辞を述べました。

 

卒業式も在校生は井原生徒会長だけが代表として出席するという形で実施します。

卒業式に御来場される方へのお願い

(1) 当日の受付は9時10分から行います。9時45分までに受付を済ませて体育館に御入場ください。

(2) 新型コロナウイルス感染症対策のため、以下の点に御協力をお願いいたします。

ア 体調確認に御留意いただき、発熱や咳、倦怠感等の風邪のような症状がある場合は、来校を御遠慮ください。

イ 校内ではマスクを常時着用し、咳エチケットや手洗い等の感染症予防対策に御協力ください。

ウ 受付にて体調確認票の提出と検温への御協力をお願いいたします。受付がスムーズに行えるよう、体調確認票には必要事項を前もって御記入ください。

エ 共用を避けるため、スリッパ・上履きについては、各自で持参してください。体育館入口にビニール袋を用意しますので、靴は袋に入れて入場し、座席の下に置いてください。退場の際、袋は返却せずにお持ち帰りください。

(3) 駐車場について

 当日は、校内へのお車の乗り入れはできません。利用許可を得ている川之江体育館の駐車場を御利用ください。貸し切りではありませんので、空いている駐車スペースのみ使用してください。二輪車は校内の駐輪場を御利用ください。

 

川之江南中学校で出前授業をしました

19日、市内の中学生に高校の授業の一端に触れる機会としてもらえるよう川之江南中学校で本校の教員による出前授業を実施しました。

中学生に高校の授業の雰囲気を感じてもらえる内容を盛り込みながら、それぞれの教科の楽しさを感じてほしいという思いで授業に臨んだところ、中学生の皆さんの反応がとてもよく楽しく授業ができました。

本校の教員にとっても貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございました。

紙パルプ工業会講演会

2月18日(木)、愛媛県紙パルプ工業会の方々にお越しいただき、森川様より、「紙産業で働こう! 紙の魅力を紹介します。」という演題で、1年生を対象に講演を行っていただきました。 

紙産業の現状、紙の製造方法・歴史と機能、会社での仕事内容、紙産業の将来展望等について、分かりやすく説明をしていただきました。 

グローバルな視野を持った上で、地域の代表的な産業の維持・発展に向けて、将来、紙産業に携わる人が多数出てくれることが期待されます。

 

3年生登校日

2月17日(水)は3年生の登校日でした。

日本年金機構新居浜事務所の金並様、永井様にお越しいただき、「知っておきたい年金のはなし」というテーマで、国民年金を始めとする日本の公的年金制度の仕組みとその社会的背景、20歳になったら国民年金に加入する義務等について、スライドとパンフレットにより分かりやすく説明していただきました。

年金セミナーの後は卒業式の練習とホームルーム活動を行いました。

1年生「総合的な探究の時間」学習成果の発表

16日(火)、第1学年の生徒が1年間の「総合的な探究の時間」の学習成果を各クラスごとに発表しました。

それぞれのグループが取り組んだ探究活動をプレゼンテーションしました。「まちの未来」についてアンケート調査や現地調査をもとに提案したり、健康づくりをテーマに自ら実演したり、アイデアを凝らした発表を行って、互いに評価し合いました。

 

1年生「総合的な探究の時間」学習活動のまとめ

9日(火)、第1学年の生徒が1年間の「総合的な探究の時間」の学習成果をまとめていきました。明日は各クラス単位で成果の発表行います。

パソコンで、プレゼンテーション用の資料を作成したり、スマートフォンを活用して資料を収集したり各グループ熱心に活動していました。

明日の発表が楽しみです。

「高校生による歴史文化PRグランプリ」審査員特別賞受賞

2月11日に「第3回高校生による歴史文化PRグランプリ」がオンライン(YoutubeでのLIVE配信)で開催されました。

愛媛県東予地域の高校生が地元の歴史文化資源を見つめ直し、再発見した魅力にどれだけ興味を持ってもらうことができるかを競うプレゼンテーション大会です。

本校2年生4名の「飛引(ひびき)」チーム(江間、篠原、新居田、藤田)が「水引で結ぶ未来」というテーマでプレゼンを行い、審査員特別賞を受賞しました。

現在もYoutubeで視聴可能なので、 こちら のページ(愛媛県東予地方局のサイト) から御覧ください。

(本校の発表のタイムラインは02:04:09からです。)

労働・消費者セミナー

2月10日(水)は3年生の登校日でした。

労働・消費者セミナー、卒業式練習、HR活動を行いました。

労働・消費者セミナーは四国中央地区労働者福祉協議会の井上様、永井様、四国労働金庫四国中央支店の三好様、伊藤様、岡田様に来校いただき実施していただきました。

労働セミナーでは、社会人としてのマナー・言動・仕事の進め方、コミュニケーションの重要性、労働契約の内容の把握、就業規則や労働時間・休憩時間、年次有給休暇、仕事に関するトラブルの事例と対応法等について、配布していただいたハンドブックに沿って分かりやすく説明していただきました。

消費者セミナーでは、成人と未成年者の違い、マネートラブル・悪質商法の具体例、悪質商法の被害に遭わないための心構え、万一被害に遭った場合の対処法、
特にクーリングオフ制度とその方法、クレジットカード・消費者金融利用の危険性、困ったときの相談の必要性と窓口等について、ハンドブック・スライドを用いて分かりやすく説明していただきました。

終了後、森實前生徒会長が3年生を代表して御礼の言葉を述べました。

先輩からのアドバイス

2月9日(火)の総合的な学習の時間に、「先輩からのアドバイス」として、2年生の各クラスに、3年生の生徒の代表者とホームルーム担任が赴き、主に進路実現に関するアドバイスを行いました。

学校推薦型入試、総合選抜型入試、一般入試、就職試験において既に進路先を決定している生徒が、あらかじめ作成した資料に基づき、自分の経験から後輩にとって役に立ちそうなことを説明しました。

2年生も間近に迫ってきた進路実現に向けて真剣な表情で耳を傾け、貴重な時間となりました。

「新型コロナウィルス感染症に関する特別警戒期間の延長について」

新型コロナウィルス感染症に関する特別警戒期間の延長についてご一読ください。

・2月4日知事メッセージ「新型コロナウィルス感染症に関する特別警戒期間の延長について」

 → 20210204-1.pdf

・本県の感染状況の推移と今後の対策について → 20210204-2.pdf

選挙啓発講座

4日、四国中央市選挙管理委員会事務局から講師をお招きして、第2学年を対象にした選挙啓発講座を実施しました。

18歳で選挙権を獲得した時に、自分たちの投票行動が大切であることをわかりやすく資料や動画を交えて説明していただきました。

18歳を迎える生徒たちにとって、選挙について考える貴重な機会になりました。

えひめスーパーハイスクールコンソーシアム(東予)に参加しました

3日、オンラインで開催された「えひめスーパーハイスクールコンソーシアム」に参加しました。

今年、地域連携心豊かな高校生育成事業「高校生まちおこしプロジェクト」に取り組んだ生徒会、家庭クラブの3名の代表が発表校として参加し、他校の生徒とディスカッションをしました。最初は緊張した様子でしたが、次第に自分たちの取組について積極的に意見交換をできた様子でした。

また、一般参加校として参加した教室では、事前に視聴した動画について発表校と積極的に意見を交換しました。

参加した生徒たちは、オンラインでの他校との交流の中で、「コロナ禍の今だからこその自分たちの役割」について真剣に考えていた様子でした。

図書室をのぞいてみませんか

第三教棟1階の素敵なスペース。それが図書室です。

入室してすぐ、図書委員が生徒の皆さんに読んでもらいたい本を紹介しています。

「今月は、2年生に読んでもらいたい本」

朝の読書で、手にする1冊を選びに足を運んでみてください。

素敵な本との出合いがあると思いますよ。

 

第5回地域教育東予ブロック集会に参加しました

1月31日、西条市中央公民館で開催された第5回地域教育東予ブロック集会に生徒会役員3名が参加しました。

感染対策が取られた中で会は開かれ、高校生による司会で進行する中、高校生の発表や地域で学校を支援する団体の発表を聞き意見交換を行いました。

参加した生徒は、積極的に質問をしたり、休憩中に他校の生徒と交流したりして自分たちの活動に積極的に取り入れようとしていました。

異世代の参加者の方とも、アプリを活用して意見交換を行う等楽しく集会に参加することができました。

参加した生徒の感想です。「活動内容や発表する姿勢が同じ高校生なのにスゴイと思った」「自分たちも頑張ろうと思った」「コロナ禍の中だからこそできる活動もあるので、自分たちも頑張りたい」

 

 

全国募集についてのオンライン説明会を開催しました

29日18:30から全国募集についてのオンライン説明会を開催しました。

本校からの説明の後、参加者の方々と質疑応答を行いました。

四国中央市の特色や寮・下宿のこと等について回答させていただきました。

本校では、昨年度から全国募集を実施しております。質問等ありましたら学校までお問合せください。

 

体育理論の授業です

体育理論の授業です。

今日の内容はドーピングについて学習しました。

身近な医薬品にもドーピングにかかる成分が含まれるものがあることに生徒たちは熱心に耳を傾けていました。

 

「しこちゅ~オンライン文化祭」収録

1月23日(土)、日本文化部(日本音楽部門)が「しこちゅーオンライン文化祭」に応募するため、放送部に協力してもらい、収録を行いました。学年別に2曲演奏しました。今月末までに応募する予定です。公開されましたら、ぜひご覧ください。

 

女子バスケットボール部 県新人大会出場

女子バスケットボール部が1月23日(土)、24日(日)に行われた愛媛県新人大会に出場しました。

愛媛県3位の松山北高校と対戦し、56対88で敗れました。

次の東予総体に向けて、課題を克服し、県の上位チームが相手であっても勝ち切れるチームを目指して頑張ります。

1Q 14-22

2Q 14-17

3Q 15-32

4Q 13-17

 

総合的な探究の時間

3学期から本校では、1、2年生の「総合的な探究の時間」に、鹿島建設の教育支援プログラム「未来の社会を考える探究型プログラム 100年を創造するチカラ」を活用して探究的な学習をしています。

映像を見ながら、事前に学習した内容と照らし合わせながら学習を進めていきました。

建設現場での実際の課題をどう解決していったか。生徒たちは学びを深めていきました。

 

女子バスケットボール部東予新人大会3位

女子バスケットボール部が1月9日(土)、10日(日)に行われた東予新人大会で14チーム中3位となりました。

これにより、1月23日(土)、24日(日)に開催される愛媛県新人大会の出場権を獲得しました。

  1回戦 川之江高校 74-53 新居浜高専

  2回戦 川之江高校 85-33 新居浜東高校

  準決勝 川之江高校 48-89 新居浜商業高校

 

 

災害時トレーラーの側面のイラストのデザインを美術部員が担当しました

1月12日付愛媛新聞第9面に、本校の美術部の活動に関する新聞記事が掲載されていますので、ぜひ御覧ください。

大規模災害時の避難所のトイレ不足を解消するために四国中央市が導入したトイレトレーラーの側面のイラストのデザインを、本校の美術部の1年生5名が担当し、篠原市長から感謝状をいただきました。

転載許可番号:d20210112-05

3学期始業式

1月8日(金)、始業式等を行い、3学期がスタートしました。

始業式は校内放送で実施しました。

大西校長による式辞の後、校歌を静聴しました。

(式辞の一部)

・県内においても新型コロナウイルスの感染拡大が深刻になってきている中、危機意識をいっそう高めてほしい。

・大学入学共通テスト受験や進学希望達成に向けて頑張っている3年生を真剣に応援してほしい。

・2学期までの状況とは違って、少しの油断もできない状況であるということを認識し、もしかしたら自分がウイルスを持っているかもしれないという意識で、それぞれが感染防止対策を万全に徹底して行ってほしい。

・2021年の始まりにあたり、今まで伝えてきたことを改めて伝えたい。

・こういう時だからこそ、何かにいらだったり、誰かを責めたりするのではなく、高校生として対応力と逆境にも屈しない力(resilience)を鍛えてほしい。

・正しくない情報に振り回されたり、他者を攻撃するというネガティブな思考ではなく、時には自分自身にも批判の目を向ける謙虚さを持って考えを発展させていくことができるような、正しい批判的思考力を高めてほしい

・「自分の頭でしっかりと考えて判断し行動する。」

・「何事にも本気で取り組む。」

 

 校長式辞(全文) → こちら

 

冬に鍛え、春を待つ

昨年末の本校野球部の砂浜でのトレーニングの様子です。

冬の間にしっかりと身体を鍛えて、春を待ちます。

最後は、海岸の清掃をしました。

 

職員研修会を開催しました(24日、25日)

24日、25日の2日にわたって職員研修会を開催しました。

24日は、「総合的な探究の時間」の活用についての研修会で、ウエブ会議システムを使って開催しました。

25日はICTのスキルアップの研修会です。こちらもウエブ会議システムを使って開催しました。

 

愛媛大学出張講義

12月23日(水)、愛媛大学の先生方にお越しいただき、出張講義を実施していただきました。

法文学部、教育学部、社会共創学部、医学部、工学部、農学部の7名の先生方が、それぞれ興味深い内容の講義を実施してくださり、2年生の進学希望者が受講して、大学での学びの一端に触れることができました。

空手道四国大会出場 個人2位

12月19、20日に徳島市で行われた全国高等学校空手道選抜大会四国予選に、本校空手道部が愛媛県代表として、男子団体組手・形、個人組手(3階級)に出場しました。

このうち個人組手-55kg級において、廣岡君が2位に輝きました。

 

 

 

若者世代の減塩推進スキルアップ教室

 12月19日、「若者世代の減塩推進スキルアップ教室」が保健センターで行われ、本校から家庭クラブ員9名が参加しました。

「バターライス、イタリアンチキンソテー、じゃがいものアンチョビマヨサラダ、ふわふわ卵スープ、ヨーグルトのいちごソース」を食生活改善推進協議会の方々に教えていただきながら作りました。

あまり考えたことがなかった減塩について、この機会に学ぶことができました。

また、食に関する職業を志望している生徒は保健センターの方に栄養士についてなど積極的に話を聞き、進路の参考にしようとしていました。

 

家庭科技術検定

11月~1月にかけて、家庭科技術検定(被服、食物、保育)を実施しています。

12月16日に被服検定4級、12月17日に食物検定4級、12月18日に食物検定3級を実施しました。

受検者は練習の成果を発揮することができました。

被服検定4級

 

食物検定3級

 

「にこにこルーム」訪問

12月19日(土)に「子どもの発達と保育」選択者が親子のくつろぎスペース「にこにこルーム」を訪問しました。

今年は、感染症対策として代表者2名が訪問しました。

 

事前に作成したクリスマスの靴下をプレゼントし喜んでもらうことができました。

 

 

また、紙芝居の読み聞かせを行いました。

 

 

保育人形でだっこの練習はしていたのですが・・・

実際に赤ちゃんをだっこするのは緊張です。

 

 

地域の子育て支援の様子を学ぶことができました。

参加された親子のみなさん、スタッフの方々、ありがとうございました。

 

終業式

12月18日(金)、終業式を実施しました。

今回は1年生と2年生が体育館に集合し、3年生は各教室でZOOMにより視聴するという形で実施しました。

大西校長による式辞

(式辞の一部)

・新型コロナウイルスに関しては、さらに気を引き締めて、これまで以上に感染防止に努めて欲しい。

・2学期の自分の取り組みを自己評価

・川之江高校全体としての良い点、強み

  卒業生、PTA、地域の人々、教員など多くのサポーターに恵まれている。

  通学時の交通マナー、5分前登校に関しては、県下一である。

  体育祭や文化祭での雰囲気やパワー、仲間意識に関しても、二重丸である。

・川之江高校生全体としての課題

  主体性、自主性が少し不十分である。

  まだまだ本気を出せていない。

  掃除、挨拶、身だしなみ等、概ね良好だが、一部の人はもう少し心を込めてしっかりとできるはずである。

  ポテンシャルは高いので、もっと本気になれば、もっと成果を出せる。

・3年生は1月の大学入学共通テストやその後の国公立大学の個別試験等に向けてラストスパートの時期であるが、進路が決まっている人も、同期の学友を心から応援して欲しい。

・1,2年生は希望進路を実現するために、スタートが早ければ早いほどよい。

・これから川之江高校に入学してくる後輩の目標にもなれるよう、一人一人の川高生が、さらに本気を出して毎日の生活に取り組んで欲しい。

 

校長式辞は こちら

 

表彰伝達

12月18日(金)、終業式の前に表彰伝達が実施され、多くの部・個人が表彰を受けました。

高校生国際美術展 佳作 書道部 篠原

英語スピーチコンテスト愛媛県代表選考会 努力賞 篠原

愛媛県高校生英語弁論大会 努力賞 三寶

税に関する作文 高松国税局長賞 石川

愛媛県高等学校総合文化祭

 書道部門 奨励賞 書道部 筱原

 マーチングバンド・バトントワリング部門(松山北高校との合同) 優秀賞 吹奏楽部

 マーチングバンド・バトントワリング部門 優秀賞 バトン部

 演劇部門 奨励賞 演劇部

愛媛県高等学校空手道選抜大会

 男子団体組手 1位 空手道部

 男子団体形  2位 空手道部

 男子個人組手 -55kg 1位 廣岡

        -68kg 1位 日野

        -76kg 1位 渡邉

愛媛県高等学校弓道選抜大会

 男子団体 3位 弓道部(井原、宇田、安藤、森川)

愛媛県高等学校東予地区弓道新人大会

 女子個人 1年生の部 3位 森川

校内漢字テスト3カ年満点賞 松本、石川

 

2学期最後の授業風景

16日4限目、2学期最後の授業が行われた2年生のある教室の風景です。

数学の教科担当の教員が、ドミノ倒しの映像を見せ、ドミノ倒しの原理と数学的帰納法の照明の仕方が同じであることを生徒に考えさせる授業をしていました。

生徒たちは、真剣に問題に取り組んでいました。

※川高チャンネル⑧ 「川之江先輩塾」地域協働学習②をアップしました。こちら

 

人権集会

12月17日(木)、「多文化共生について考える」をテーマに人権集会を実施しました。

1年生が体育館に入り、2・3年生は各教室でZOOM配信視聴により参加しました。

最初に人権作文2点の朗読を聴いた後、人権委員会の今年度の活動報告が人権委員により行われました。

次に「多文化共生について考える」のテーマについての発表が行われました。

 ・全校生徒へのアンケート結果

 ・日本での外国人差別の事象

 ・「Black Lives Matter(アメリカでの黒人差別への抗議運動)」

 ・川之江隣保館での市内在住の外国人への聞き取り調査、交流

 ・四国中央市地域振興課での聞き取り調査

   市内在住の外国人の人数・出身国・滞在目的

   外国人のための取り組み(外国人向けのゴミの分別表、防災カード、防災訓練)

   SIFAによる日本語教室のボランティア

最後に「エヒメで暮らす外国人のホントのキモチ」というビデオを視聴しました。

 (言葉ではっきり意思表示をして欲しい、思い込みや先入観を持たないで欲しい、等々)

人権集会の後、感想文を作成しました。

一人ひとりがお互いを認め合い、お互いの文化や風習の違いを理解し受け入れて、共に生きていく社会を作る担い手になっていきましょう。

 

12月6日(日)に「第17回四国中央市駅伝競走大会」が行われました。

12月6日(日)に「第17回四国中央市駅伝競走大会」が行われました。

本校からは、一般男子一部に陸上競技部が出場し、優勝。PTA男子の部、PTA女子の部にそれぞれ1チームが出場し、見事完走を果たしました。出場された皆様本当にお疲れさまでした。応援に来てくださった皆様ありがとうございました。

 

3年生クラスマッチ

12月16日(水)、3年生のクラスマッチを実施しました。

厳寒の中での最後のクラスマッチでしたが、元気あふれるパフォーマンスが数多く見られました。

男子バスケットボール

 1位:302HR  2位:304HR  3位:301HR

女子サッカー

 1位:305HR  2位:302HR  3位:304HR

 

防火防災退避訓練

12月15日(火)、防火防災退避訓練を実施しました。

HR担任から訓練の目的や方法、留意事項について説明があった後、緊急地震速報があった場合の対応の練習をしました。

「まず低く、頭を守り、動かない」

 

その後火災が発生したとの想定で、火災への対応、全校生徒のグラウンドへの避難の練習を行いました。

真剣な態度で速やかに避難を完了することができました。

大西校長による講評では、約10年前の東日本大震災の際の「釜石の奇跡」のエピソードを元に、防災訓練の大切さについてお話がありました。

続いて四国中央市消防団の方から消火器の使用について説明をいただいた後、各学年の代表生徒3名が消火訓練を行いました。

四国中央市消防団の方からは、消防団の活動の内容や意義についての説明もしていただきました。

2年生クラスマッチ

12月15日(火)、2年生のクラスマッチを実施しました。

男子バスケットボール

 1位:204HR  2位:203HR  3位:202HR

女子

 1位:204HR  2位:202HR  3位:203HR

204HRは男女ともに優勝という快挙を達成しました。

「いっしょに読もう!新聞コンクール」で奨励賞受賞

日本新聞協会による第11回「いっしょに読もう!新聞コンクール」において、本校は学校奨励賞を受賞しました。

また本校の石村さん、大廣さん、曽我部さんが奨励賞を受賞しました。

12月15日付け愛媛新聞第3面に記事が掲載されていますので御覧ください。

転載許可番号:d20201215-02

地域における体験入学・工場見学(第2学年)

14日、第2学年を対象にした地域における体験入学・工場見学を愛媛県紙パルプ工業会の御支援と各企業の御協力で実施しました。

各企業等におかれましては新型コロナウィルス感染症への最大限の注意を払っての工場稼働がなされている中で、生徒の受け入れ等配慮いただきました。講義のほか、実際に工場の様子を見学させていただき、生徒にとって本当に貴重な機会となりました。

将来、四国中央市で紙産業に関わりたいという思いを強くもった生徒もいました。

 

全校朝礼、読書のすすめHR活動

12月10日(木)、全校朝礼を実施しました。いつものように開始5分前にはほぼ整列が完了していました。

最初に新生徒会役員の認証式が行われました。新旧の生徒会役員が壇上に上がり、新生徒会長の井原さんが代表して、大西校長から委任状を受け取りました。その後、旧役員を代表して森實前生徒会長が退任の挨拶を述べ、新役員を代表して井原新生徒会長が就任の挨拶を述べました。

新生徒会役員

 

旧生徒会役員

 

委任状授与

 

新生徒会長挨拶

 

引き続き校内読書感想文コンクールの受賞者が紹介され、特選の三名(1年星野さん、2年髙橋さん、二宮さん)が代表して大西校長から賞状を受け取りました。

1年生

特選 星野

入選 井川、友安、尾藤

佳作 金平、篠原、宇田

2年生

特選 髙橋、二宮

入選 江間、藤田

佳作 内田、喜井、藤田、石川、脇

3年生(自由応募)

 入選 谷

 

今日の7時間目のホームルーム活動は全クラスとも「読書のすすめ」という主題で行われました。

特選に選ばれた三名の作品の朗読を校内放送で聴いた後、各クラスの図書委員二名によるブックトーク(本の紹介)などが行われました。

 

川高チーム「飛引(ひびき)」による水引プロジェクト

10日、川高チーム「飛引(ひびき)」のメンバーが学校正門入口にある掲示板を「水引」のクリスマスツリーでデコレイトしました。

川高チーム「飛引(ひびき)」は、地域の伝統工芸品である水引を若い世代に知ってもらい未来に継承することを目的に活動しています。

「えひめ地域づくりアワード・ユース2020」や「高校生による歴史文化PRグランプリ」に向けて頑張っています。

 

 

1年クラスマッチ

12月9日(水)、1年生のクラスマッチを実施しました。

1学期に引き続き、今年度は学校全体でのクラスマッチの代わりに、学年別でクラスマッチを分散実施しています。

3時間の授業の後に、男子はバスケットボール、女子はサッカーを行いました。

予選リーグとして各クラスが2試合ずつ行った後、その結果を基に、1位~4位を決めるための順位決定戦を行いました。

男子 1位101HR 2位103HR 3位105HR

女子 1位104HR 2位103HR 3位102HR

 決勝戦の様子です。

四国中央市歴史考古博物館を取材しました

8日、川高地域まちおこしプロジェクトのメンバーが、四国中央市歴史考古博物館~高原ミュージアム~を取材しました。

施設は学校から徒歩で15分程度のところにあるこの博物館は、今年7月に開業しました。

市内の上分西遺跡から出土した県内唯一の銅鐸をはじめとする貴重な資料が所蔵・展示されています。

学芸員の方は本校の卒業生で、丁寧にわかりやすく案内していただきました。

プロジェクトメンバーは、地域の歴史に一層興味を持った様子でした。

なお、今回の取材内容は、後日、「川高チャンネル」で配信予定です。

 

 

川之江にぎわい広場オープニングイベントに参加しました

6日、川之江にぎわい広場オープニングイベントが開催され、本校の日本文化部(音楽部門)、書道部、バトン部がステージで演技を披露し、ボランティアスタッフとして放送部が司会をつとめました。

出演した生徒からは、「たくさんの地域の方の前で、演奏や演技を見ていただく機会をいただけたことに感謝している」、「自分たちもまちの活性化に貢献したい」と感想を話していました。

 

 

「歴史文化資源を活かしたまちづくりカレッジ」に参加しました

5日、東予地方局で開催された令和2年度東予みらい人材育成講座「高校生×大学生コラボ企画 歴史文化資源を活かしたまちづくりカレッジ」に参加しました。

愛媛大学社会共創学部の井口先生のご指導の下、社会共創学部の大学生と一緒に、地域の歴史文化を糸口に、まちづくりにいかに取り組むかワークショップを通して学習しました。

本校の他、県立学校4高校から各2~3名、大学生が各グループに2~3名で、感染対策が徹底された広い会場で行われました。

 本校から参加したした2名の生徒も事前の紙のまち資料館での学習を踏まえて積極的に活動しました。

学習成果の報告会では、川之江の歴史文化施設をつなぐ「ペーパーロード」を提案しました。

参加した生徒は、今日の学習を将来への活かして、まちづくりに貢献できる人になりたいと話していました。

 

主権者教育ホームルーム活動を実施しました(1学年)

 

3日、1年生のホームルーム活動で主権者教育を実施しました。

総務省・文部科学省「私たちが拓く日本の未来」をテキストに学習したり、グループで学習したり、クラス間でウエブ会議システムを活用して学習したりしました。

課題を発見して、主体的に学習し、自分の意見を発表する態度を身に付けてくださいね。

プロから学ぼう~フォンダンショコラ作り~

12月3日、フードデザインの授業において、河原パティシエ・医療・観光専門学校より講師の先生をお招きし、フォンダンショコラ作りを学びました。

本校出身で同校に在学中の松本健吾さんが助手として母校に帰ってきてくれました。

松本さんも高校生の時に同じようにロールケーキ作りを学んだので、懐かしみ、後輩に指導してくださいました。

実演でプロの技を見たり指導を受けながら、楽しく作ることができました。

↓ 左端が松本先輩です。

 

見事完成!

 

高校生まちおこしプロジェクト料理講習会~里芋モンブラン作り~

12月1日、河原パティシエ・医療・観光専門学校より講師の先生をお招きし、家庭クラブ委員、生徒会役員を対象に、地元の特産物を使ったスイーツ作りをテーマにした料理講習会を行い、里芋モンブラン作りました。

栗の他に、四国中央市の特産物である里芋やブラッドオレンジのマーマレードを使いました。里芋を使うことで、カロリーが抑えられ、食物繊維もたくさん取れるので、ヘルシーなスイーツになりました。

なお、本校の調理実習は試食テーブルに仕切りを設けたり、使用するカトラリー等は殺菌を行うなど、感染症対策を行いながら実施しています。

お菓子に里芋を加えるということは初めての体験だったので、新鮮でした。地元の特産物である里芋を加えることで、いつものモンブランとは違った味になって、食べるのが楽しかったです。

 

紙のまち資料館を訪ね紙の歴史を学習しました

1日、今週末東予地方局で開催される令和2年度東予みらい人材育成事業「高校生×大学学生コラボ企画 歴史文化資源を活かしたまちづくりカレッジ」に参加する2年生2名が、四国中央市の紙の歴史を事前に学ぼうと紙のまち資料館を訪ねました。木村館長さんから紙の歴史を教えていただき、館内の展示資料を案内していただきました。また、紙漉き体験もさせていただきました。新しい発見、気付きをこれからの学習に生かしていきます。ありがとうございました。

高校生まちおこしプロジェクト 四国中央市の施設訪問企画として、後日、「川高チャンネル」でも動画を発信する予定です。

ICT教育実践サポート事業職員研修会を開催しました

27日(金)、30日(月)の2日間にわたって株式会社愛媛CATVから講師をお招きし、全職員を対象にした「令和2年度愛媛県高等学校・中等教育学校ICT教育実践サポート事業」職員研修会を開催しました。

本校においても新型コロナウィルス感染症の感染拡大への対応で、1学期からWEB会議システムのZOOMや学習支援アプリのロイロノート等を導入して活用しているところですが、さらなるスキルアップを目指して研修が行われました。

 

 

3年生野球部員にOBからの素敵なプレゼント

27日、3年生野球部員に愛媛県高等学校野球連盟OB会から、記念品が送られました。

今年は、新型コロナウィルス感染症拡大の影響で3年間目指していた夏の県大会・甲子園がなくなりました。

3年生部員はそれを胸に秘めて、今、それぞれが高校卒業後の人生へと足を踏み出そうとしています。

OBから前を向いて進んでいく後輩たちへのエールとして今回、記念タオルが送られました。

川之江高校野球部OB会の越智会長から3年生の部員一人一人に記念品のタオルが手渡されました。

副キャプテンだった部員が、代替大会が開かれたことへの感謝のことばとこれから前へ進んでいくという力強い言葉で、感謝の意を表しました。

学校評議員会を開催しました

26日、学校評議員会を本校会議室で開催しました。

本校からの現状報告の後、5人の学校評議員の方より質問、提言をいただきました。

地域の川高への熱い思いが伝わる会になりました。

川之江高校には、たくさんの応援団がいらっしゃいます。

 

主権者教育を実施しました(第3学年)

19日、NEXT CONEXION の越智さん、愛媛大学教育学部の学生の皆さんのご協力で3学年を対象とした主権者教育を実施しました。

ウエブ会議システムを活用した遠隔出前授業の形態で、各クラスそれぞれ別のテーマで議論し、考えを深めていきました。

それぞれのテーマで主体的に考え、自己決定していくプロセスを学習することができました。