川高日記(全日制)

女子バスケットボール部 県新人大会出場

女子バスケットボール部が1月23日(土)、24日(日)に行われた愛媛県新人大会に出場しました。

愛媛県3位の松山北高校と対戦し、56対88で敗れました。

次の東予総体に向けて、課題を克服し、県の上位チームが相手であっても勝ち切れるチームを目指して頑張ります。

1Q 14-22

2Q 14-17

3Q 15-32

4Q 13-17

 

総合的な探究の時間

3学期から本校では、1、2年生の「総合的な探究の時間」に、鹿島建設の教育支援プログラム「未来の社会を考える探究型プログラム 100年を創造するチカラ」を活用して探究的な学習をしています。

映像を見ながら、事前に学習した内容と照らし合わせながら学習を進めていきました。

建設現場での実際の課題をどう解決していったか。生徒たちは学びを深めていきました。

 

女子バスケットボール部東予新人大会3位

女子バスケットボール部が1月9日(土)、10日(日)に行われた東予新人大会で14チーム中3位となりました。

これにより、1月23日(土)、24日(日)に開催される愛媛県新人大会の出場権を獲得しました。

  1回戦 川之江高校 74-53 新居浜高専

  2回戦 川之江高校 85-33 新居浜東高校

  準決勝 川之江高校 48-89 新居浜商業高校

 

 

災害時トレーラーの側面のイラストのデザインを美術部員が担当しました

1月12日付愛媛新聞第9面に、本校の美術部の活動に関する新聞記事が掲載されていますので、ぜひ御覧ください。

大規模災害時の避難所のトイレ不足を解消するために四国中央市が導入したトイレトレーラーの側面のイラストのデザインを、本校の美術部の1年生5名が担当し、篠原市長から感謝状をいただきました。

転載許可番号:d20210112-05

3学期始業式

1月8日(金)、始業式等を行い、3学期がスタートしました。

始業式は校内放送で実施しました。

大西校長による式辞の後、校歌を静聴しました。

(式辞の一部)

・県内においても新型コロナウイルスの感染拡大が深刻になってきている中、危機意識をいっそう高めてほしい。

・大学入学共通テスト受験や進学希望達成に向けて頑張っている3年生を真剣に応援してほしい。

・2学期までの状況とは違って、少しの油断もできない状況であるということを認識し、もしかしたら自分がウイルスを持っているかもしれないという意識で、それぞれが感染防止対策を万全に徹底して行ってほしい。

・2021年の始まりにあたり、今まで伝えてきたことを改めて伝えたい。

・こういう時だからこそ、何かにいらだったり、誰かを責めたりするのではなく、高校生として対応力と逆境にも屈しない力(resilience)を鍛えてほしい。

・正しくない情報に振り回されたり、他者を攻撃するというネガティブな思考ではなく、時には自分自身にも批判の目を向ける謙虚さを持って考えを発展させていくことができるような、正しい批判的思考力を高めてほしい

・「自分の頭でしっかりと考えて判断し行動する。」

・「何事にも本気で取り組む。」

 

 校長式辞(全文) → こちら

 

冬に鍛え、春を待つ

昨年末の本校野球部の砂浜でのトレーニングの様子です。

冬の間にしっかりと身体を鍛えて、春を待ちます。

最後は、海岸の清掃をしました。

 

職員研修会を開催しました(24日、25日)

24日、25日の2日にわたって職員研修会を開催しました。

24日は、「総合的な探究の時間」の活用についての研修会で、ウエブ会議システムを使って開催しました。

25日はICTのスキルアップの研修会です。こちらもウエブ会議システムを使って開催しました。

 

愛媛大学出張講義

12月23日(水)、愛媛大学の先生方にお越しいただき、出張講義を実施していただきました。

法文学部、教育学部、社会共創学部、医学部、工学部、農学部の7名の先生方が、それぞれ興味深い内容の講義を実施してくださり、2年生の進学希望者が受講して、大学での学びの一端に触れることができました。

空手道四国大会出場 個人2位

12月19、20日に徳島市で行われた全国高等学校空手道選抜大会四国予選に、本校空手道部が愛媛県代表として、男子団体組手・形、個人組手(3階級)に出場しました。

このうち個人組手-55kg級において、廣岡君が2位に輝きました。

 

 

 

若者世代の減塩推進スキルアップ教室

 12月19日、「若者世代の減塩推進スキルアップ教室」が保健センターで行われ、本校から家庭クラブ員9名が参加しました。

「バターライス、イタリアンチキンソテー、じゃがいものアンチョビマヨサラダ、ふわふわ卵スープ、ヨーグルトのいちごソース」を食生活改善推進協議会の方々に教えていただきながら作りました。

あまり考えたことがなかった減塩について、この機会に学ぶことができました。

また、食に関する職業を志望している生徒は保健センターの方に栄養士についてなど積極的に話を聞き、進路の参考にしようとしていました。

 

家庭科技術検定

11月~1月にかけて、家庭科技術検定(被服、食物、保育)を実施しています。

12月16日に被服検定4級、12月17日に食物検定4級、12月18日に食物検定3級を実施しました。

受検者は練習の成果を発揮することができました。

被服検定4級

 

食物検定3級

 

「にこにこルーム」訪問

12月19日(土)に「子どもの発達と保育」選択者が親子のくつろぎスペース「にこにこルーム」を訪問しました。

今年は、感染症対策として代表者2名が訪問しました。

 

事前に作成したクリスマスの靴下をプレゼントし喜んでもらうことができました。

 

 

また、紙芝居の読み聞かせを行いました。

 

 

保育人形でだっこの練習はしていたのですが・・・

実際に赤ちゃんをだっこするのは緊張です。

 

 

地域の子育て支援の様子を学ぶことができました。

参加された親子のみなさん、スタッフの方々、ありがとうございました。

 

終業式

12月18日(金)、終業式を実施しました。

今回は1年生と2年生が体育館に集合し、3年生は各教室でZOOMにより視聴するという形で実施しました。

大西校長による式辞

(式辞の一部)

・新型コロナウイルスに関しては、さらに気を引き締めて、これまで以上に感染防止に努めて欲しい。

・2学期の自分の取り組みを自己評価

・川之江高校全体としての良い点、強み

  卒業生、PTA、地域の人々、教員など多くのサポーターに恵まれている。

  通学時の交通マナー、5分前登校に関しては、県下一である。

  体育祭や文化祭での雰囲気やパワー、仲間意識に関しても、二重丸である。

・川之江高校生全体としての課題

  主体性、自主性が少し不十分である。

  まだまだ本気を出せていない。

  掃除、挨拶、身だしなみ等、概ね良好だが、一部の人はもう少し心を込めてしっかりとできるはずである。

  ポテンシャルは高いので、もっと本気になれば、もっと成果を出せる。

・3年生は1月の大学入学共通テストやその後の国公立大学の個別試験等に向けてラストスパートの時期であるが、進路が決まっている人も、同期の学友を心から応援して欲しい。

・1,2年生は希望進路を実現するために、スタートが早ければ早いほどよい。

・これから川之江高校に入学してくる後輩の目標にもなれるよう、一人一人の川高生が、さらに本気を出して毎日の生活に取り組んで欲しい。

 

校長式辞は こちら

 

表彰伝達

12月18日(金)、終業式の前に表彰伝達が実施され、多くの部・個人が表彰を受けました。

高校生国際美術展 佳作 書道部 篠原

英語スピーチコンテスト愛媛県代表選考会 努力賞 篠原

愛媛県高校生英語弁論大会 努力賞 三寶

税に関する作文 高松国税局長賞 石川

愛媛県高等学校総合文化祭

 書道部門 奨励賞 書道部 筱原

 マーチングバンド・バトントワリング部門(松山北高校との合同) 優秀賞 吹奏楽部

 マーチングバンド・バトントワリング部門 優秀賞 バトン部

 演劇部門 奨励賞 演劇部

愛媛県高等学校空手道選抜大会

 男子団体組手 1位 空手道部

 男子団体形  2位 空手道部

 男子個人組手 -55kg 1位 廣岡

        -68kg 1位 日野

        -76kg 1位 渡邉

愛媛県高等学校弓道選抜大会

 男子団体 3位 弓道部(井原、宇田、安藤、森川)

愛媛県高等学校東予地区弓道新人大会

 女子個人 1年生の部 3位 森川

校内漢字テスト3カ年満点賞 松本、石川

 

2学期最後の授業風景

16日4限目、2学期最後の授業が行われた2年生のある教室の風景です。

数学の教科担当の教員が、ドミノ倒しの映像を見せ、ドミノ倒しの原理と数学的帰納法の照明の仕方が同じであることを生徒に考えさせる授業をしていました。

生徒たちは、真剣に問題に取り組んでいました。

※川高チャンネル⑧ 「川之江先輩塾」地域協働学習②をアップしました。こちら